スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-aiで満開の芝桜

滝上町のシバザクラは、国道273を走っていても見えない。
町の入口から左折して、芝桜公園の向かいにある小山から眺めてみる。

img2016-5-K-ai-Takinou01.jpg

天気は晴れで、概ね満開といったところだろうか。
時期的には最高の状態だった。

この眺めの好い小山に今回は先客がいて、ここからだと全体が良く見えていいなどと言葉を交わした。
その御夫婦が帰ったかと思ったが、ご主人がこれをプレゼントしてくれた。

img2016-5-K-ai-Takinou02.jpg

今眺めている、芝桜公園の入場券2枚である。
何でも、帰宅途中なので無駄になってしまうとのことで、私たちに進呈しようと戻ってきてくれたらしい。
もちろん、その御厚意は素直に受け取らせていただいた。

以前ここに来た時は入場料などなかったような気もするが、丘の中腹にある駐車場に着いた。

img2016-5-K-ai-Takinou03.jpg

駐車場からは、正に満開の芝桜がよく見える。

係員の誘導に従って公園に入ってみる。

img2016-5-K-ai-Takinou04.jpg

芝桜は香りも良く、遠くから見ていた時にはそれは感じられなかった。

坂の途中で人だかりができていたので近づいてみる・・・。

img2016-5-K-ai-Takinou05.jpg

滝上町のキャラクター「ピコロ」と、網走市のゆるキャラ「ニポネ」だった。
ピコロは芝桜から生まれた妖精とのこと。
他の場所に紋別市の「モンベくん」もいるらしかった。

一緒に記念撮影などしてから、坂を更に上る。
坂といっても、それほど急坂ではないので散歩気分で歩くことができた。

img2016-5-K-ai-Takinou06.jpg

一般的に芝桜はピンクと赤と白があり、この公園のほとんどがピンクだった。
しかし、時々現れる赤や白は新鮮に見える。

img2016-5-K-ai-Takinou07.jpg

公園から町内を見下ろす。

時々、公園の上空をヘリコプターが飛んでいる。

img2016-5-K-ai-Takinou07a.jpg

遊覧用のヘリコプターである。
この日は風が強かったので、さすがに搭乗しようとは思わなかった。
以前、洞爺湖でも遊覧飛行をしていたが、この時も風が強くて断念したことがあった。
ヘリコプターには縁がないらしい。

img2016-5-K-ai-Takinou08.jpg

公園は、離れてみるとさほど広くは感じなかったが、歩くとなかなか広かった。
ここでも中国語が飛び交い、日本人だけの観光地ではないことを知る。

img2016-5-K-ai-Takinou09.jpg

公園内にはレンタルの炭焼き台などもあり、花見をしながらバーベキューを楽しむことができる。
売店や食堂などもあったが、すでに昼食時間を過ぎていたので人はまばらだった。

以前テレビで紹介されていた時に、花びらが通常は5枚だがそうではないものも探せばあると聞いていた。

img2016-5-K-ai-Takinou010.jpg

探してみると、6枚の花が二つ並んで咲いていた。
願い事をするといいなどとも言っていたが・・・。

img2016-5-K-ai-Takinou011.jpg

風が吹くと、風に乗って花の香りがすうっと通り過ぎるように香る。


毎年変化、そして進化を続けているという芝桜公園だった。





スポンサーサイト

★ 結露ワイパー

こんなものがあったらいいのにと、結露を除去するワイパーを探したがなかなかみつからない。
それは何処かで見た記憶があり、カーショップだったか100円ショップだったか定かではなかった。
しかし。どこかで確かに見たんだけど・・・・・。
ワイパーのようなもので結露をなぞってやるだけで、拭きとった水はたれ落ちることなく瓶状の容器に溜める仕組みだった。


これが探すとなるとなかなか見つからず、今回はカインズホームにあった家庭用の結露ワイパーを代替品に使ってみる。

img2016-5-K-ai-Monbetsu010.jpg

通常の使用法は、ペットボトルを取り付けてすくいとるようになぞるだけ。
ただし、普通のペットボトルでは長すぎて使えないので、切って縮めてみた。

実際に使ってみると、予想以上に綺麗に結露がとれる。
ワイパー部分が残らず水分を拭き取り、雑巾で拭くよりは遥かに簡単で効率的だった。
これまでは、雑巾2枚を使っても拭き残しは必ずあった。

取れた水は意外に多く、つなぎ合わせたペットボトルの隙間から洩れるほどだった。
この水を溜めておく部分の改良が必要だった。


このカインズホームオリジナルのワイパーは198円と安いが、幅が半分程度のものがあれば理想的である。




K-aiで滝上シバザクラ公園

桜が散ると、次に咲くのがシバザクラだ。
道内で最も有名なのが東藻琴だが、実は歴史的には滝上のほうが古い。
単純に、宣伝に失敗し出遅れただけなのだが、その差は大きかったらしい。
しかし、東藻琴までシバザクラを観に行くのも何なので、近場であって美しさ的には大差のない滝上に行くことに。


高規格道路浮島インターから国道に下りると、まだここには雪が残っている。

img2016-5-K-ai-Monbetsu01.jpg

中央下部の黄色い花はエゾノリュウキンカ、通称ヤチブキと呼ばれる山菜で、苦味が幾分あって春の味を楽しむことができる。
山菜採りもしたいところだが、長靴を持ってきていないので叶わず。

浮島トンネルを抜けて、僅かで雪は完全に姿を消す。

紋別港に着いた。

img2016-5-K-ai-Monbetsu05.jpg

波が高いので漁業はお休みだろうか?

港ではチカ釣りをしている人たちで一杯だった。
ポツポツ釣れる程度だったが、たまにニシンも釣れていた。


紋別市には、古くから道の駅がある。

img2016-5-K-ai-Monbetsu06.jpg

外観はそうでもないが、様式便器が一つのみで、他は全て和式である。
ただ、手洗いは水ではなく、ぬるま湯が出るので冬場はありがたい。

反対側には流氷科学館がある。

img2016-5-K-ai-Monbetsu07.jpg

この時間、すでに閉館している。
本物の流氷が展示されていて、触れることもできた記憶がある。

いつもの弁当のあとは、増毛の國稀をいただく。

img2016-5-K-ai-Monbetsu08.jpg

夜は一桁の気温となり、FFヒーターが活躍する。

冷凍トラックが車中泊していて、時々激しいエンジン音が聞こえてきていたことを後から知ったが、離れていたのであまり気にならなかった。




滝上の道の駅は、いつもの大好きなソフトクリームが始まっていた。

img2016-5-K-ai-Monbetsu05a.jpg

シバザクラソフトというピンク色のソフトクリームもあるらしいが、バニラ以外食べたことはない。

ここから3分ほどで、シバザクラ公園が一望できる丘がある。

img2016-5-K-ai-Monbetsu03.jpg

見たところ3分咲きといったところか・・。

img2016-5-K-ai-Monbetsu02.jpg

まだ少し早かったようである。

もう少しアップで見ると・・。

img2016-5-K-ai-Monbetsu04.jpg

桜は満開の様だ。

十日位後であれば、ちょうど見頃になっているかもしれない。




K-aiでホテルクラビーサッポロ3

少しだけ開けておいたカーテンの隙間から、天気は曇りなので微かな光が朝を告げる。
といっても、まだ5時前だった。
ウトウトしているうちに、外は完全に明るくなってカーテンを開ける。

img2016-5-K-ai-Sappo028.jpg

天気は雨が降り出しそうな曇り空。
ほとんど外を歩く予定はなかったので問題はない。

7時になったので朝食会場に向かった。

img2016-5-K-ai-Sappo029.jpg

ロビーは人影もなく静か。
フロントにも人影はなし・・。

その奥に進むと朝食会場のレストランがある。

img2016-5-K-ai-Sappo030.jpg

先客は3組ほどで、落ち着いた雰囲気だった。
席に案内され、ビュッフェ形式の朝食なので各自好きなものを選ぶことができる。

img2016-5-K-ai-Sappo032.jpg

昨夜の飲み過ぎから食欲はあまりないが、焼き立てパンを選んできた。
ホテル自慢の厳選された食材を使っているだけに、どれも美味しかった。

img2016-5-K-ai-Sappo031.jpg

会場は混み合うこともなく、静かにゆっくりと楽しむことができた。

帰りがけには、部屋に持ち込むことができるコーヒーサービスを利用した。
部屋に戻り、サッポロファクトリー開店の10時までくつろぐ。

10時にはチェックアウトをして、ホテルをあとにした。

img2016-5-K-ai-Sappo033.jpg

この地下通路を利用すると、雨風を凌いでファクトリーに移動できる。

ホテルの利用者は、前日と翌日の駐車利用料合計が僅か700円で済む。





K-aiでホテルクラビーサッポロ2

部屋で落ち着いてから、買物と散歩に札幌市内中心部へ向かった。

img2016-5-K-ai-Sappo020.jpg

市内中心部を流れる創生川。
水量は少なく、小川のような・・。

アメリカ屋漁具店が、3月に全面改装をしたというので覗いてみる。
各階にあったレジが1階だけになり、品ぞろえが驚くほど充実していた。
ここでは、新作の鉄ジグや釣り用のズボンなどを購入した。

ビックカメラに寄り欲しいものの現物確認を試みるも商品はなく、駅周辺で諸々の用を足してから駅前に着く。
晴れてはいなかったが、寒くはなかった。

img2016-5-K-ai-Sappo021.jpg

観光客らしき外国人が多く、何故かスーツケースを引いている家族連れもいる。

このガラスの付近で、STVテレビの「奥さんお絵かきですよ」が中継されている。

img2016-5-K-ai-Sappo022.jpg

その周りでくつろいでいる人たちも多いが、私たちはそこまで行かずに大通り方面へ向かった。

大通りまで行く途中、札幌らしい名所があった。

img2016-5-K-ai-Sappo023.jpg

時計台である。
これを見るのは何年振りだろう?

そして大通りに着いた。

img2016-5-K-ai-Sappo024.jpg

時間帯のせいもあり観光客などは少ないが、暗くなりかけているので周りの明かりが点き始めていた。

中央部芝生ゾーンには花壇が整備され、色とりどりの花も咲いている。

img2016-5-K-ai-Sappo026.jpg

噴水がまだ寒々しいが、ソフトクリームなども売られていた。

img2016-5-K-ai-Sappo025.jpg

大通り周辺の居酒屋に寄って夕食を食べ、ホテルまでは徒歩8分ほどで戻ることができた。

夜になってもさほど寒くはなく、薄い上着一枚で充分だった。

img2016-5-K-ai-Sappo027.jpg

買ってきたものを並べてみる。

ホテルの空調はまだ冷房がなく、空調スイッチを入れても暖かい風しか出てこない?
まだ寒いこの時期に、変人だと思われるのも嫌なので、フロントには聞けなかった。




K-aiでホテルクラビーサッポロ

ゴールデンウィーク中、札幌市内でキャラスポイベントがあると知ったが、参加はできずテレビで観ただけ・・。
札幌コンベンションセンターで開催された様子を観て、あれなら行かなくて良かったと安堵する。


さて、子供の日が過ぎた平日、札幌市内は静けさを取り戻していた。

img2016-5-K-ai-Sappo01.jpg

テレビ塔の横を通って・・。

img2016-5-K-ai-Sappo02.jpg

噴水は涼しさよりも寒さを演出している。

目的地はここだった。

img2016-5-K-ai-Sappo03.jpg

定価販売とはわかっていても、ついつい買ってしまうのだ。
ここにしか置いていないものもあり、スマホで商品を撮って在庫や商品説明なんて便利なサービスもある。
この日はポイントカードを忘れてしまい、スマホで会員になってしまったのである。

さてこの日の札幌、たまにはホテルもいいだろう。

img2016-5-K-ai-Sappo04.jpg

ホテルクラビーサッポロ。
このホテルは、サッポロファクトリー向かいにある。

img2016-5-K-ai-Sappo05.jpg

サッポロビールの煙突が目の前に見える。

ファクトリーの駐車場に車を停めて、チェックイン。

img2016-5-K-ai-Sappo06.jpg

フロント前のくつろぎスペース。
チェックインしている間、妻がここで休憩。

部屋に続く廊下も落ち着いた雰囲気。

img2016-5-K-ai-Sappo07.jpg

では、部屋に入ってみよう。

img2016-5-K-ai-Sappo08.jpg

部屋は広くて、調度品も上品だ。
約40㎡という広さは、二人で過ごすには十分すぎる。

img2016-5-K-ai-Sappo09.jpg

ソファーも足を延ばして横になれるほど。

このホテルは最近のお気に入りホテルで、通常価格では高くて宿泊できないが、閑散期はとてもリーズナブルでいい。

img2016-5-K-ai-Sappo010.jpg

もちろん、トイレと洗面台と風呂は分かれている。
アメニティも豊富で、トイレと洗面所だけで3畳はある。

img2016-5-K-ai-Sappo011.jpg

特に風呂が広く、ゆったりと足を延ばして入ることができる。

富良野プリンスホテルもいいが、こちらのホテルの方が豪華である。




K-aiで そば切りなかむら

道の駅サーモンパーク千歳は、幹線道路から少しばかり離れているので静かだった。
妻の話では、隣で車中泊していた車の中から飼い犬が遠吠えを始めてしまい移動していったパプニングくらいで、至って静かな夜だった。

トイレに起きたところ、すでに空が明るくなっていた。
しかも、車中泊の車が増えている。

img2016-5-K-ai-Titose020.jpg

時計を見ると3時58分、夜明けは確実に速まっている。

img2016-5-K-ai-Titose021.jpg

しかし、まだ早いので布団にもぐりこんだ。

その後目覚めて、スマホやタブレットを弄っているうちに妻も起きる。
朝食を目の前のコンビニにと思ったが、ここは意外に品ぞろえが悪かったのですぐ近くの別店舗に行くことに。

食後は歯を磨きたいところだが、なにせこの道の駅の洗面台は2台しかない。
場所移動を決意して、隣町の「道の駅 花ロードえにわ 」に到着。

img2016-5-K-ai-Titose022.jpg

もちろんトイレ以外は開館していなかったので、歯磨きだけの利用となる。

その後、北広島市内のホームセンターを巡り、中にあったカレーワールドというファーストフードでミニソフトクリームを食べる。

img2016-5-K-ai-Titose030.jpg

このソフトクリームは、あの倉島牛乳を使っているという。

img2016-5-K-ai-Titose031.jpg

カレーワールドの金沢かれいぱん。
スティック状なので食べやすく、辛すぎなくていいかもしれない。

大型連休中なので、昼食は早めにしなければ混雑するだろうと、開店11時30分の数分前に到着。

img2016-5-K-ai-Titose023.jpg

意外にも、一着で待つことになる。
ここは、あのミシュランガイドビブグルマンの店「そば切りなかむら」。

時間になると店主が暖簾を準備し始める。
店主に挨拶をして、のんびりしている間に2番目の客に先を越されてしまった。
しかし、思っていた混雑はなく、時間が止まったかのように店内は静かだった。

img2016-5-K-ai-Titose024.jpg

カウンターに座る。
まるでシティホテルのバーのカウンターのような雰囲気。
メニューは至ってシンプルで品数も写真に写っているだけ。

img2016-5-K-ai-Titose025.jpg

窓の縁にある青い瓶は日本酒の容器。
待っている間に、大好きな鴨肉を炒める音が聞こえてくる。

妻の大好物「鴨せいろ」。

img2016-5-K-ai-Titose026.jpg

そばはコシが適度に強く、さほどつるっとしていないので、汁がしっかり流れ落ちない。
鴨肉らしく歯ごたえは固めだが、噛むと味が染み出してくる。

私も鴨肉を、別な食べ方で試してみた。

img2016-5-K-ai-Titose027.jpg

「鴨とじ」は、卵に隠れて見えない鴨肉を探し出して味わう。
卵のおかげで、やや癖のある鴨肉をマイルドに味わうことができる。
ただ、温かいそばなので速やかに食べなければ麺が柔らかくなってしまう。

正午になっても待ち人が出るほど混むことはなく、この店には大型連休は関係ないようだ。
機会があれば、次は普通のせいろをいただこう。




K-aiで道の駅千歳

予定では千歳市内に入るのが18時頃だったが、まだ17時だった。

img2016-5-K-ai-Titose010.jpg

道の駅サーモンパーク千歳に到着。

ここは昨年リニューアルオープンしたばかりで、館内には複数の飲食店があって人気を呼んでいる。

img2016-5-K-ai-Titose011.jpg

コンビニも併設しており、もちろん24時間営業。
駐車場にはキャンピングカーも多く、トイレはコンビニの左ともう一ヶ所にあった。
もう一ヶ所の方は建物の右端だが、館内の施設の開館時間内のみ利用できる。
24時間トイレはコンビニ横のみで、ここは数が極端に少ない。
男性用は小が3台、大が洋式と和式各1台ずつしかない。
洗面台は2台のみだった。

夕食は近くの居酒屋か焼肉屋、もしくはコンビニ弁当と考えていたが、予定よりも早く着いたので館内で食事ができる。

img2016-5-K-ai-Titose012.jpg

左側がフードコート。

私たちはその向かい側にあるピザを食べることにした。

img2016-5-K-ai-Titose013.jpg

「まき窯ピザ工房ピザドゥ」である。

時間的にも混雑しておらず、生ビールとピザを注文。

img2016-5-K-ai-Titose014.jpg

明るくて広々した店内。

img2016-5-K-ai-Titose015.jpg

写真は、みなさんお帰りになってからのもの。

開放的なガラス越しに芝生の庭が見えていて、市民が散歩している姿も。
ピザがやってきた。

img2016-5-K-ai-Titose016.jpg

直径が30cmくらいだろうか。
食べ切れるかなと少し心配に・・。
ピザの名前は、後で調べたらわかるだろうと思っていたが、意外に載っていなくて不明?
メニューの一番最初のピザだった。
味はもちろん美味しくて、個人的には焦げ目をもう少し少なくしてほしいところ。

食事を終えて空を見ると・・。

img2016-5-K-ai-Titose016a.jpg

雲が赤く染まっていた。
暖かった気温は、少しずつ下がり始めている。

車内に戻って軽く一杯。

img2016-5-K-ai-Titose017.jpg

この夜は「浦霞」、色がやや濃い目。
その色をみてくどいのかと思いきや、意外に切れが良くさっぱりしていながらも深い味わいを楽しむことができる。

我がK-aiは、トイレ近くのキャンピングカーゾーンを離れ、意外と乗用車も多く車中泊している方へ。

img2016-5-K-ai-Titose018.jpg

市内なのでテレビの電波は強いだろうと思いきや、意外に弱かったのか駐車場所が悪かったのか・・。
ほとんどがワンセグでしか見られなかった。
ナビのテレビであれば感度がいいのでフルセグ受信できるかもしれないが・・。



K-aiで恵庭温泉ラ・フォーレ

ゴールデンウイークといっても連続した休みはそれほどなく、今回も二日間でアウトレットやアウトドア用品店で目玉品を探すために出かける。

しかし、よりによって出発の日に寒波がやってきた。

img2016-5-K-ai-Titose01.jpg

気温はほぼ0℃。
とはいえ、道路に積雪はなかったので運転には何の支障もない。
もちろん、スタッドレスタイヤはまだ換えていなかった。

旭川市内では霙が降っていたが、それもすぐにやんだ。

img2016-5-K-ai-Titose02.jpg

みぞれや雨が降っているうえに風が強く、K-aiは風の影響をまともに受けるので高速道路には乗らなかった。
今回の目的地は千歳だったので、岩見沢からは国道234号になるので高速道路は必要ない。

img2016-5-K-ai-Titose03.jpg

滝川市に入ると空は明るくなり、青空も見え始める。
舗装路面はすっかり乾いていて、ようやく連休の休暇気分が出てきた。

妻と、昔の歌で山口百恵が「緑の中を走り抜けてく真っ赤なポルシェ~♪」なんてのがあったなあと話していたところ・・・。

img2016-5-K-ai-Titose04.jpg

その真っ赤なポルシェが現れた。
その後、あっという間に目の前から消えるように走り去って行った。
若い頃、友人がポルシェに乗っていて、深夜のドライブで未体験の速度を体験したことを想い出した。

岩見沢市に入ると、今年初の桜を見る。

img2016-5-K-ai-Titose05.jpg

気温が低かったせいか、この後はこんなに開花している桜は見ることができなかった。

予定よりも若干早く、千歳アウトレットモール・レラに到着。
駐車場は混んでいたが、すぐに停めることができた。

img2016-5-K-ai-Titose06.jpg

館内はこれまで見たこともない混雑で、日本人ばかりではなかった。
アウトドアメーカーの店頭目玉品は、外国人が喜びそうなブランド名大書のものが並んでいる。

img2016-5-K-ai-Titose07.jpg

目的の店には欲しいものはなかったが、別の店に好みの商品を見つける。
ここは早々に切り上げて、次に向かう。

次は温泉に向かった。
レラから20分ほど、恵庭市内にある「恵庭温泉ラ・フォーレ」だ。

img2016-5-K-ai-Titose08.jpg

連休中と料金が安いせいか車は多かった。

料金は400円で、その分シャンプーやせっけん類は持参しなくてはならない。
浴場に入ると、駐車場の車の割には激混みしていなかった。
内湯は小さな浴槽に一ヶ所のみ温泉があり、他の大浴槽はただの沸かし湯だった。
このことは調査済みで、やや広い露天風呂に向かった。
ここは、露天風呂が源泉かけ流しの温泉なのである。
茶褐色の温泉は、臭いは薄くツルツルはしていない。
露天なので強風が、時々露天内部にも風を巻き込んだ。

img2016-5-K-ai-Titose09.jpg

充分温泉を堪能して、再び千歳市内へ向かった。


K-aiで道の駅サロマ湖

今年のオホーツク海は流氷が少なく、氷に閉ざされた冬の印象は薄かったが、寒さだけは厳しかったようである。

そんな北海道東部の湖、サロマ湖に面して道の駅サロマ湖がある。

img2016-4-K-ai-Sarom01.jpg

ここに着いたのは、18時過ぎだったので薄暗くなりかけていた。
天気予報通り霧が発生していたが、深くはなかったので周りはよく見える。
春とはいえど、まだ草すら生えていないので野原は枯れ草色だった。

ここに来る途中は酪農地帯なので牛舎がたくさん見られるが、その数が目を見張るほど劇的に増えていたのには驚いた。
大規模化していることに、この地区の力を感じる。

そんなことよりも、とりあえずはいつものコンビニ弁当の夕食をとることにする。

img2016-4-K-ai-Sarom02.jpg

温野菜と漬物が酒の肴の代わりとなる。

ここはテレビが全く入らないので、いつものスマホのテザリングでタブレットから自宅の録画番組を観る。
Bluetoothスピーカーで、K-aiの車内では充分過ぎる迫力サウンドを楽しむことができるのも便利。

しかし、ここの道の駅で注意点が一つ・・。
大型トラックが夜中でも関係なくやってきて休憩や車中泊するので、保冷車である関係上エンジンはかけたままとなる。
これが結構うるさく、それを避けるためにはなるべく端の方に駐車するしかない。
この日はうっかりそのことを忘れていたために、夜中に移動することも面倒なので我慢することになった。




翌朝、サロマ湖で羽を休めている白鳥たちを見に行く。

img2016-4-K-ai-Sarom03.jpg

群れの数は多くはなく、すでに北に旅立ってしまったのか・・・。

良く良く見ると、岸辺から湖の奥まで分散しているようだ。
近寄ると逃げてしまうので、カメラのズーム頼りで写してみる。

img2016-4-K-ai-Sarom04.jpg

餌を啄ばんだり羽を整えていたりと、それぞれに様々な動きがあって見ていて飽きない。


風が強くて寒くなってきたので、朝食を食べるために道の駅に戻った。
時間的に早くて、館内休憩スペースには入ることができなかったが、車内で食事を楽しむ。

その後、体を伸ばして横になっているうちにウトウトと眠ってしまう。

img2016-4-K-ai-Sarom05.jpg

目覚めた頃には、道の駅がオープンしていた。
改装工事中で、内部は完成していたが外部はもう少しかかる様子。

img2016-4-K-ai-Sarom06.jpg

大きな変化はなかったが、店内がより広く感じられた。

それと、商品が以前よりも見やすくなったようである。

img2016-4-K-ai-Sarom07.jpg

食べ物コーナーが場所を移し広くなったらしい。

ここでソフトクリームを食べることにする。

img2016-4-K-ai-Sarom08.jpg

今回はバニラとパンプキンのミックス。
販売員が慣れていないらしく形が悪くて中もスカスカだったが、ダイエットのためにはいいので許す。
味は、南瓜の香りと味がほんのり程度なのがいい。
その場で焼いた海産物や牛肉などもあるので、サロマ湖の海や山の幸も楽しむことができる。
この道の駅内の物産館は「みのり」というらしい。


以前ここを訪れた時に中国語の観光客が賑わっていて、こんな所にも爆買いの嵐が吹いているのかと驚いた。
最近は道の駅ランキングなどというものまであるので、各町村でしのぎを削っているようだ。
いずれにしても、観光地が利用しやすくなるのは私たちも歓迎する。




プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。