スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★陸送旅行・三日目~庄助の宿

庄助の宿 瀧の湯に着いてから、すでに随分と時間が経過したような錯覚に陥っている。
ここには、そんなゆったりした空気が流れているのかもしれない。

img2014-9-k-ai-tabi153.jpg

ここから食のゾーンに入る。

といっても、すぐに食事をする場所があるわけではなかった。

img2014-9-k-ai-tabi154.jpg

右に大きなかまどが3器並び、左には居酒屋風のカウンターがある。

ここを通り過ぎると朝食バイキングゾーンのような場所も通過する。

img2014-9-k-ai-tabi155.jpg

まだ着かない・・・。

そしてようやく暖簾が掛った入口に案内され、その暖簾をくぐると・・・。

img2014-9-k-ai-tabi156.jpg

4畳半ほどの個室には、会津郷土懐石が用意されてあった。
目にも鮮やかな料理は、予想をはるかに超えた洗練された懐石膳だった。

img2014-9-k-ai-tabi156a.jpg

手書きの献立もまた楽し!

どれから食べてよいものやら、おもわず迷い箸・・。

img2014-9-k-ai-tabi157.jpg

サイコロステーキはグレープフルーツの風味が混ざり合い、柔らかさとともに肉汁がさわやかである。
興奮していたせいか、ピントがトマトに合っていた。

img2014-9-k-ai-tabi158.jpg

海老と大切りのキィウィフルーツのマリネは斬新な取り合わせ。

左下はごま豆腐にもみえたが、これはワサビ豆腐だった。
辛くはなく、ワサビの風味がすっきりしている。

img2014-9-k-ai-tabi159.jpg

豚の角煮は濃いめの味付けの割には飽きがこないが、量的には多いくらいだった。

刺身はマグロとカンパチ、そしてイカとイクラだった。
カンパチが特に美味しかった。

焼き魚が唯一生臭みがあったが、卵焼きと他の2品は美味しい。
椀ものはこちらの名物で、私たちには珍しい一品だった。

img2014-9-k-ai-tabi160.jpg

「こづゆ」という、東北地方らしい具だくさん汁ものだった。
ただ、この料理はあっさりしている割に意外と飽きてくる。
シイタケが一番美味しかった。

img2014-9-k-ai-tabi161.jpg

デザートはアイスだが、黄色いゆず風味のあられのようなものが美味しかった。

時間をかけてゆっくりと会津の郷土料理などを楽しんでいたが、温泉にも入りたかったので食事はこれくらいにしておく。

img2014-9-k-ai-tabi162.jpg

この日の昼食客は少ないらしく、私たち以外には二組ほどしか見ていない。

市内から僅か10分ほどで来ることができる東山温泉は、こういった料理の質の高さからもその格式の高さが伺え、昔から武士に愛された所以なのだろう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。