スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★陸送旅行~四日目・乗船迄

まだ夏休み中のせいか、乗船客は以前よりも随分多いようだ。
前回は7月の末頃乗船した。

受付には行列用のロープが張られていて、先客が7組ほど並んでいた。

img2014-9-k-ai-tabi191.jpg

3か所の受付があったのですぐに呼ばれたが、サイクルキャリアを取り付けたことで車検証と長さが違っているので再計測するとのこと。

k-aiの前で待っているとすぐにヘルメットをかぶった係員が2名やってきて、スケールで計測してあっという間に終了。
無線で受付に連絡しておくとのことだった。

img2014-9-k-ai-tabi190.jpg

再度乗船受付に並び、インターネットで支払ったカードを確認して完了。
カードの確認といっても、すでにカード決済されて引き落としになっているのだが・・。

その後は、2階改札待合所も見に行く。

img2014-9-k-ai-tabi192.jpg

すでに50人ほど座って待っていて、小さな売店があった。
Kさんは、ここから乗船する。
乗船時は運転手のみが車で乗船し、下船時は同乗者も車での下船となる。

退屈なので車に戻り待っていたが、乗船を待つための列に移動する。

img2014-9-k-ai-tabi195.jpg

前回のときとは違い、車の数もバイクの数もとても多い。
この場所に移動すると、いやがうえにもフェリー旅の気分が高まってくる。

img2014-9-k-ai-tabi194.jpg

船への長いスロープでは大型車の積み込みが始まっていて、船に吸い込まれるように入っていく姿は圧巻だ。

積込時間にはまだ余裕があったので、船を近くで見てみることにした。

img2014-9-k-ai-tabi196.jpg

建物内からだが、この青い桟橋から乗船する。

img2014-9-k-ai-tabi197.jpg

海の上を走るホテルのようである。

改めて離れて見てみると建物よりも大きくて、浮かんでいるのが不思議でもあった。

img2014-9-k-ai-tabi193.jpg

書き忘れていたが、この船は「らいらっく」である。

9時45分、普通車の積み込みが始まった。
左側から順番に動き始め、やがてk-aiの列にもその時が来た。
スマホの動画をオンにしてゆっくり進むと、その先に係員がいてチケットのバーコードをチェック。

img2014-9-k-ai-tabi198.jpg

「窓を開けたままにしてください」と言われ、ここから長いスロープを上る。
窓を開けておくのは、係員の誘導指示の声や笛の音を聞き取りやすくするためである。

img2014-9-k-ai-tabi199.jpg

ガタガタと滑り止めが揺れるが、広くて長いスロープなので安心だ。

船内に入ると係員が誘導しUターンする感じで前の車に倣って進み、ギリギリまで詰めて停車、サイドブレーキをかける。

img2014-9-k-ai-tabi200.jpg

9時55分、荷物を持って車を離れる。

img2014-9-k-ai-tabi201.jpg

カメラなどの入ったカバンと、クーラーボックスが私の担当だ。

ここでK-aiとは18時間のお別れとなる。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。