スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ウルトラボックス

以前にも書いたが、フィアマのウルトラボックスは500Lを取り付けた。

img2014-9-k-aiUBox.jpg

取付が終わって、その大きさよりもサイクルキャリアによって車体の最後尾からの間が随分離れていることに不安を感じた。
というのは、離れるほど車体への負担は増え、接続部に力がかかってしまう。
しかし、この不安は後日見ていただいた販売店での説明によって幾分解消された。

自転車を2台積み込むことができる耐久性がある。
とはいえ、車体はFRPであるから、経年劣化するのは必定。
その点だけは覚悟しておかねばなるまい。

img2014-9-k-aiUBox3.jpg

なるべく軽いものを必要なだけ積み込み、可能な限り車内への積み込みを心がけようと思っている。
この大きさを選んだのは、この幅がなければ積み込めない大型のソリや空の状態のクーラーボックス、軽いが場所を取るタモ網やロッドなどを積みたかったからだ。

この巨大ともいえるウルトラボックス500だが、中を見てみよう。

img2014-9-k-aiUBox4.jpg

中にはゴムでネットがついている。
これはとても便利で、積載した荷物が飛び出さず動きにくくて良い。

さらには、縦に2本の紐がついていて、これを使って固定することもできる。

img2014-9-k-aiUBox6.jpg

横から見るとこのように開く。
これは雨などの時にはとても便利で、開いても中の荷物が濡れることはない。

ボックスの取り外しは、中にある固定ねじを外すことで簡単に降ろすことができる。
しかし、一旦取り付けてしまうとなかなか降ろせないだろう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。