スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道名物秋鮭釣り

私たちには、夏から初冬まで秋鮭を釣る楽しみがある。
K-aiを使う目的の多くが、釣りといっても過言ではないほどである。
ところが、今シーズンは釣りの計画を組むとその数日前には南の方で台風が発生し、釣行日になると最接近してくる。
海が荒れると釣りはできなくなってしまい、天気が悪いと出かけることもままならない。
それが三度も続いてしまったのは、不運としか言えないかもしれない。

ところが、不運とばかりも言えない状態が、いや、異変がこの北の海には起きていた。
海水温の上昇により南の魚が北の海にも現れ、秋鮭の定置網にはブリ・シイラ・マンボウなどが入っている。
いつもは大漁の秋鮭の投げ釣りでも、今年はまだ一度しか釣れていない。


今回は、ようやく海水温が下がったと予想しての釣行だが、果たして秋鮭大群の回帰はあるのか?


いつもの港に夕方着くと、一番人気の港には大型船が入港作業中で立ち入りはできない。

img2014-10-akiaji10a.jpg

近年、心ない釣り人の傍若無人な振舞いによって釣り場として開放されなくなりつつあり、心ある釣り人からそれを危惧する声が多く聞かれる。

隣の港を見ると・・。

img2014-10-akiaji10b.jpg

夕方ということもあるが、釣り人が少なすぎる。
ということは、釣れていないことになる。

空は青と赤が美しいコントラストだが、釣りとしての港は絶望感が漂う寂しい空にもみえてしまう。

img2014-10-akiaji10c.jpg

釣り人に話を伺うと、朝から今までで全体でも5本ほどしか釣れていないという。

しかし、気温は低く風は冷たくなっていることに一縷の望みを持ち、翌日の好転を期待する。
陽が落ちると暗くなるのはあっという間で、夕食の買い出しに近くのスーパーに買物に行く。

寝場所を決めて、さっそくFFヒーターのスイッチを入れる。

img2014-10-akiaji10d.jpg

テレビはこの位置が定位置になった。
あまり受信の良くないチューナーだが、この街では地上デジタル放送がフルセグで受信できる。

20時には睡魔に襲われてしまった・・・。



翌朝、昨夜の続きのように釣り場はガラガラ状態だった。
どこでも好きな場所に入ることができた。

作業船は夜通しだったのか?

img2014-10-akiaji10e.jpg

室蘭の工場夜景のミニサイズの様でもある。
東の空は夕方とは違ったくっきりとしたコントラストで、天気予報を見るまでもなく絶対に晴れる空だ。

まだ暗くて海面の様子も見えないのにキャストしている釣り人もいて、海面は仕掛けの位置が見えるように発光するルミカが漂っていた。
誰か釣れないものかと様子を見ていたが、変化のない静かな海だった・・。

しばらくしてKさんに、もう海面が見えるからはじめてみたらと促す。
数投したところで、ウグイのような魚がつついていると言う。
寒くなったのにまだウグイがいるとは、やはり秋鮭はいないのかとガッカリ。
しかし、これがウグイから秋鮭にアタリが変わり、気付いた時には竿が大きく弧を描いていた。

img2014-10-akiaji11.jpg

この日の全体で一番早く釣れた秋鮭となった。
まだ薄暗かったのでフラッシュが光った。

次に私にもヒットしたが、寄せて近づいてから外れた・・・。
その後、再ヒットして今度は無事にネットインする。
これも雄鮭だった。

そして再びKさんにヒットして、ようやく雌が手に入った。

img2014-10-akiaji01a.jpg

この時期にしては、割と魚体が大きかった。

そうそう、朝日が美しかったので写真を撮っておいた。

img2014-10-akiaji12a.jpg

これは太陽が完全に現れる前の、点の状態である。

その後も全体で1時間に数本が一時に釣れて、また静かな海に戻る状態だった。
7時半には交代で車に戻り、WAVEBOXで弁当やおにぎりを温めて朝食を食べる。
気温が低い時には、冷たいおにぎりを温めただけで最高の朝食に変わる喜びは、正しく電子レンジ様様だ。

交代でKさんが食事中に、二度も秋鮭の群れに遭遇する。

img2014-10-akiaji01c.jpg

小さな雌鮭もいるが、雄は立派な魚体だった。

その後、もう一本追加。

img2014-10-akiaji17.jpg

これは何度も何度もドラグを鳴らし走る秋鮭で、久しぶりに引きを楽しませてくれた。

秋鮭釣りをしている人ばかりではなく、これからの時期の名物であるチカ釣りをしている人もいる。
型は中程度で、海を覗くと泳いでいる姿が見える。

海の上に何か浮かんでいるのが見えた。

img2014-10-akiaji15a.jpg

右中央の釣り糸付近。

ズームしてみると・・。

img2014-10-akiaji15b.jpg

母川にたどり着く前に息絶えた秋鮭だった。


釣り続けていればまだまだ釣果はあったかもしれないが、十分楽しんだので10時半には納竿した。
これから益々寒くなってくる釣りだが、K-aiの車内では一時的でも体を温められ、また頑張ることができる。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。