スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★スピーカー交換

純正のCD&ラジオからケンウッドのナビに交換したものの、純正のスピーカーの音に満足できずにいた。
思い切って交換しようかと何度も考えていたが、カーショップの取付料は4千円以上必要で、本体のネットショップとの価格差もネックとなっていた。

それは価格の問題ではなく、自分でできるかもしれないのに安易に他者に取り付けを依頼し、さらには安く購入できる商品をわざわざ高く買うことが許せなかったからである。
自分で取付をするか、カーショップに任せようか迷ってはいたが、いずれは交換しなくては気が済まないこともわかっていた。


トゥイーター&ネットワーク付きのセット品で考えた時、パイオニアかアルパインが候補に挙がった。

feature_img01.jpg

パイオニアは新型が発売されたばかりで、TS-F1030Sはトゥイーターが可動式となっている。
トゥイーターのカバー部がネットであることも私の好みである。

旧モデルのTS-F1020Sはトゥイータが可動しないが、新型よりは価格が安い。

00002943.jpg

1020はウーファーの取付穴が2つで、新型は4つになっているのが大きな違いだろうか。
他には、ウーファーの中央部分が1020は突き出しているが、1030はそうではない。
トゥイーターは可動しないが、ネットガードなのがやはり良い。


アルパインSTE-G100Sは、パイオニアよりも僅かに価格が高いが選択肢に入る。

z_STE-G100S.jpg

ウーファーのデザインは好いが、どうせ見えなくなるので判断材料にはならない。
むしろ、トゥイーターがネットではないことがマイナスである。


上記の2メーカーで検討していたが、取扱説明書を読んでいるうちにアルパインとパイオニアの新型には接続アダプター(本体からの配線とスピーカーが接続されるコネクター部分)が付属していないことがわかった。
接続部分を加工すればいいのだろうが、スピーカーが届いてすぐに作業を始めたいので金具などの部品調達の時間はもったいない・・。
価格的にも安く、他に何も用意する必要のないTS-F1020Sが好いかなと、気持ちの中ではほぼ決定していたのであった。

取付は全くの素人である私が作業をするのだから、失敗のないようにあらかじめ十分な準備をしておきたい。


よって、慎重な私としては、スピーカー交換の予行演習なることも試みておこうと考えたのである。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

きみとし さん。
keiです。

僕も、スピーカーシステム構築したいと考えています。
キャリイとスクラムは同じ車なので、是非参考にさせて下さい!

ただ、僕は技術もノウハウもないので、オート○っクスに取り付け依頼することになりそうですが・・・

kei さんへ

kei さん、おはようございます。

実は私も、カー用品店に依頼することばかりを考えていました。
これまでに、埋め込み型のスピーカーの取り付けなどしたことがなかったからです。

今回は、フロントウインドウとサイドウインドウのシェードを作ってくれた友人が、再び活躍してくれました。
釣り場で釣れなくて暇なときに、運転席側のカバーを外し、スピーカーのネジも外して見せてくれたのでした。
この体験をもとにした内容は次回書きますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

カーショップに依頼するのがばからしくなりますよ。
プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。