スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★マット追加製作

大型のクーラーボックスを積み込んだ時、ベッドメイクの際の専用マットがなかったので、これまではWAVEBOXなどをマットの代わりになる台として使っていた。

img2014-11-BedMat01.jpg

赤線部分がWAVEBOXで、この上にマットの代わりになるものを敷いていた。

これだと不便なので、ベッドマットを自作するべく色々調べてみた。
マットは自作している人も多く、完璧な仕上がりを望まないのであれば簡単にできそうだった。

しかし、どうせ自作するなら、ベッドの生地くらいは同じものを使った方が好いだろう。
そこで、マットの生地の端切れがないかAZ-MAX社に問い合わせる・・・。
すると、必要な生地の大きさが端切れサイズではなく、その生地は結構な価格とのことだった。

理想は同じものを作ってもらうことなので見積を依頼をしてみたところ、思っていたよりも安くできることがわかった。
ついでにマットを支える板も、大きさは僅か26cm×29cmなので千円もあればいいだろうと思い見積もっていただくことにする。


数日後、見積ができた。
マットは29cm×70cmで1万円。
そして、板が何と!マットと同じ価格という・・・。
もちろん板は注文しなかったが、マットは仕上がりの完成度の高さを考えて純正品(AZ-MAX社)にすることになった。



注文から3週間後、ようやくベッドマットが届いた。

img2014-11-BedMat02.jpg

計測すると注文通りの大きさで、きっちりと仕上がっている。
着払い送料など余分な出費はあったものの、純正品ならではのマッチングはこれ以上のものはない。
AZ-MAX社の2015年カレンダーが同包されていたことも、その心遣いがうれしい。


ベッドを支える可動式の板も、すでに用意してある。
板はパインの集成材を購入。

img2014-11-BedMat03.jpg

色身が似ていて、価格もワンコインと格安だ。
もちろん、蝶番も購入済み。

これに、使用中ずれにくくするための厚さ1.5cmのゴムマットを取り付ける。
高さ調節を兼ねたものでもある。

img2014-11-BedMat06.jpg

ゴムマットは、防振保護用のものがホームセンターで販売されている。
これをボンドで貼り付けて、念のために木ネジも打ち込んである。


設置は、蝶番をネジ止めするだけなので作業は簡単。

img2014-11-BedMat04.jpg

パイン材が若干黄色く純正はピンク色っぽいが、使わない時は折り畳まれ、使用時はここにクーラーボックスがあるのでほとんど見えない。

さらには、この板はこれまでの問題も解決してくれた。
問題というのは、一番長いベッドマットを使用する時にズレやすいことだった。
長いベッドマットの支えが3ヶ所だが、頭の部分の支えが少なく、これががずれると動きやすくなってしまうのである。
新たな支えは動きにくいので、ベッドマットがずれることも防いでくれる。

クーラーボックスを置くと・・。

img2014-11-BedMat05.jpg

クーラーボックスが動きにくいので、マットがずれてしまうことはほとんどないだろう。
電子レンジは上の棚に置くことができるし、ベッドマットの下には収納スペースもできた。
さらに、使わないときには、最後部の背もたれとしても活躍してくれる。


これで寝心地は一段と好くなっただろう!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。