スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★キャビンのドア2

前回書き忘れた部分を書いておこう。
ドアの構造は解説したが、全体ではどうなっているのか。

キャビン用のドアは、最近はデザインも新しくなってきているが、K-aiのそれは20年以上前の私たちがタイガーに乗っていた頃とほとんど違わない。
良く言えば、今でも採用されているほど機能的かつ完成されたもの、と言っておこう・・。


次の写真は、網戸にした状態である。

img2014-10-k-aiDoor04.jpg

カーテン生地がビニールのようなものを使っているので、やや折り畳みにくい。
ただし、開放したまま雨が降ってきたとしても、布地と違ってずぶ濡れにはならないだろう。
網戸側の中央の空いている部分からドアの操作をし、網戸状態のときは黒くて四角いスライドドアを閉じる。

そしてこの写真が網戸も開いたもの。

img2014-10-k-aiDoor05.jpg

中央のこの黒いスライドドアは振動でビビリ音が出るので、隙間を埋める何かを挟んでおかねばならない。
もちそん、そうでないものもあるとは思う。

夏場の暑い時期には、この大型の網戸は役に立つだろう。
K-aiには、他に2ヶ所の網戸のある窓があるので、これらを解放すると風の抜けはかなり良くなるだろう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。