スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★トウィータの取付

トウィータの取付は済んでいたが、局面への固定だったことと取付位置に若干の不満があった。

色々考えているうちに、軽トラックゆえの、鉄板丸出し内装には思わぬ利点も隠れていたことに気付いた。
鉄板は直接磁石の利用ができる。
つまりは、たくさんの貼りつけができる箇所が、あちこちにいくらでもあることになる。

トウィータの貼り付け場所、つまり底の部分は鉄板である。

img2014-12-K-ai-Twiter01.jpg

現在はこの鉄板に両面テープを貼り、フロントピラーに固定している。

この両面テープ部分に磁石を張り付ければ、どこにでもトウィータを移動できる。
しかし、スピーカーというのは磁石が音を出すための重要な部品となっている。
その磁石に影響は出ないのだろうか?

調べてみると、問題はなさそうだったのでさっそく試してみた。

img2014-12-K-ai-Twiter03.jpg

磁石は、100円均一でも入手できる小型の超強力タイプである。
僅か直径1.2cmの磁石を張り付けるが、両面テープに付けたのでずれない。
この磁石は、一般的な事務用品売り場にあるものと比べると5倍くらい強力である。
しかも、小さいのでどこでも好きな場所に貼りつけができる。

さっそく試してみると、ピラー部分にしっかりと貼りついて簡単には動かない。

img2014-12-K-ai-Twiter02.jpg

このように、写真の白い部分は全て鉄板なので自由に移動できる。

ウーファーと違って、振動がほとんどないのでビビリ音は発生しない。
さらに、トウィータは軽いので、磁石の力だけでもずれることもない。


スピーカーの交換作業は、これにて完結・・・かな?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。