スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★キャビンの窓

キャビンの窓は、エントランスドアを含めると4ヶ所ある。

メインとなる両サイドの窓が一番大きい。

img2014-12-K-ai-Window011.jpg

キャビンが小さいので、より大きく感じるのかもしれない。

サイズは2枚合わせて70cm×42cm。
厚さは1cm以上あるので、おそらくペアガラスになっているのだろう。
断熱効果が期待できそうだ。
更には、スモークフィルムを貼っているので、遮光やプライバシーの保護にもなっている。

引き違い戸なので中央に鍵がある。

img2014-12-k-ai-Window.jpg

レバーを上げるとロックされる。
左窓のレバーが緩く、軽く下がってしまうのが少し残念。
勝手に動くことはないのでいいのだが・・。


エントランスドアの窓は大きくはない。

img2014-12-K-ai-Window03.jpg

高さが38cm×幅が33cmである。
この窓はなくても困らなさそうだが、実はこれは運転時のバックの際に重要だった。
この窓があるおかげで死角が少なくなる。
この窓にはスモークフィルムを貼っていなかったが、やはり貼った方が好さそうだと思う。
すでに日中でもマイナス気温の日もあるので、この作業は来年の春以降になるだろう。


後部には幅68cm×高さ23cmの細長い窓がある。
納車時にはサイクルキャリアだけだったので、バックミラーでの後方確認もできたが、ウルトラボックスが付いてからはそれができなくなった。

img2014-12-K-ai-Window022.jpg

白いものがウルトラボックス。
今は明かりとりとしての役割くらいだろうか。

それでも、あるとないとでは大きな違いだ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。