スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★キーレスエントリーシステム

KXには、パワードアロックの電波式キーレスエントリーシステム機能(アンサーバック機能付き)が標準装備されていた。
簡単に言えば、ボタンひとつでドアロックのオンオフができ、その反応がウインカーで光って見える昨今の車ではついていて当たり前の装備である。
といっても、ドアは運転席と助手席の2ヶ所しかない。

だが、このロック機能はシンプルで好い。

img2014-11-k-ai-Key01.jpg

ボタンがたったひとつ、これを押して開くか閉じるかのみである。

ボタンは意外と離れていても電波が届くらしく、10m離れていても作動した。
ただ、ドアをすぐに開けなければ勝手にロックされてしまうので注意。
作動時にはアンサーバック機能が働き、車の前後左右のマーカーランプが点滅し、解錠時は1回、施錠時に2回点滅する。
ただ、このキーはスマートフォンとは相性がいいのか悪いのか、近づけると誤作動を起こすこともある。

普通の軽トラックならばこの鍵と燃料タンク用と2本で済むが、キャンピングカーはもっとたくさん鍵が必要だ。
燃料タンクのカバーとバッテリーケース共通用、後部キャビンのドアの鍵が2本、さらにウルトラボックスの鍵である。

img2014-11-k-ai-Key02.jpg

左向きのボタンの付いているのがパワードアロックキー、頭の四角いのは燃料カバー用、丸いのはキャビン用、黒いカバーが付いていないキーがウルトラボックスである。


鍵は減らしたいので、後部キャビンドア用は一本しか持たないことにしている。

単純機能とは言え、やはりキーレスエントリーシステムはワンタッチでロックできるから楽なのである。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。いつも見させていただいてます。いろいろと工夫改善を自力でされていて感服しています。キーレスエントリーいいですね。私もK-aiを今年の3月に購入しましたが、ベース車がKCの2WDなのでキーレスエントリーではありません。。伊豆、木曽路などに出掛け車中泊をしてきましたが、まだ走行距離も5000㎞くらいであまり利用していません。燃費、走行性能(モデルチェンジして直進安定性に不安があったのですが全く問題なさそうです)、居住性などとても満足しています。購入の時には他の軽キャンパーも検討しましたが、やはりK-aiにして良かったと思っています。
ただ一つブレーキの効きが悪いのが気に掛かります。車重が重いので仕方ないのでしょうが、これはどうしようもないことなのでしょうか。きみとしさんは、あまり気にならないでしょうか。何かお考えがありましたらよろしくお願いいたします。

せっちゃん さんへ

せっちゃんさん、はじめまして、こんばんは。
ご覧いただき、ありがとうございます。

K-aiは、意外とブログなどを公開しておられる方が少なく感じます。
購入前に情報収集に苦慮した経験から、こんなに良い車はもっと広めねば、または自慢せねばと思った次第です。

さて、ブレーキの効き具合についてですが、私もそう思いました。
今は慣れてしまいましたが、はじめのうちはいつも乗っている車に比べてストロークが短いせいもあり、急ブレーキのようになったこともたまにありました。
確かに、ご指摘の通り高速走行時からの制動距離などは長いと思いますね。
軽トラックだからと片づけてしまう問題ではなく、軽トラックでも目一杯に積載した時のブレーキの性能は安心安全であるべきと思います。

詳しいことはわかりませんが、現状での改善は難しいので今後に期待としか言えません。
プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。