スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★断熱力

K-aiのキャビンは断熱材に覆われている。
冬場でも使用することが多い私たちには、断熱性能は高い方がいい。

K-aiはシェルと床に20mmの断熱材が入っている。
さらに、フロントウインドウとサイドウインドウにはキャンプなどで使うマットをウインドウと同じ大きさにカットしたものをはめ込んで断熱材としている。

img2014-12-K-ai-Window08.jpg

0℃程度の寒さであれば、結露もせずに断熱効果は十分ある。

キャビンの窓は二重のペアガラスなので断熱効果はあるだろう。

しかし、後部の細長いウインドウだけはガラスが一枚だけだった。

img2014-12-K-ai-Window05.jpg

これがどうなるかというと、初冬の車中泊時に結露が発生していた。
結露はそれを溜めておくような部分がないので、注意して拭きとらなければならない。

シェルのサイドウインドウは、結露が発生しても水が溜まる場所があるので心配はいらない。

img2014-12-K-ai-Window04.jpg

FFヒーターのスイッチを回すだけで、何もすることはない。
朝まで快適に寝ることができる。

これまでのグランドハイエースベースのSCENEでは、ガラス一枚でほぼ全面がさらされているので、外からの寒さが風が吹き込むかのごとくに感じたものである。
しかし、K-aiには全くそのような寒さは感じられない。


この断熱性能はFFヒーターの燃費の善し悪しにも関係し、寒さで目が覚めることもなく熟睡できるので疲れも残らない。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。