スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-ai 冬の陣 後篇

早く寝たので、目覚ましの30分前に目覚める。
外は雪が降っていて、数cm積もっていた。

img-2015-01-K-ai-Wakasagi20.jpg

しかし、車内は暖かく、洒落た室内灯がホテルを思わせるといったら自画自賛で間抜けに聞こえるかな?

私たち北海道人は、実は道外の人たちよりも寒さに弱いかもしれない。
というのは、北海道の冬の室内は半そで一枚でも過ごせるくらいに温かく、家の外とは絶世界なのである。
以前東北の親せき宅にお世話になったことがあったが、部屋の中なのに外にいるくらいに寒かった。
みなさん厚着をしていて、北海道のように薄着では過ごさないのである。

話がそれてしまったが、フロントウインドウのシェードを外してみる。

img-2015-01-K-ai-Wakasagi21.jpg

ピッタリしていないので結露が発生していて、これを拭きとらねばならない。
しかし、エンジンをかけて数分で曇りは消える。

運転席と助手席の窓は、ピッタリ気密性が高いので結露は少ない。

img-2015-01-K-ai-Wakasagi22.jpg

img-2015-01-K-ai-Wakasagi23.jpg

この程度であれば、ほったらかしにしておいてもやがて曇りは消えてしまう。

道の駅を出発し、コンビニで食材を用意して出発!

img-2015-01-K-ai-Wakasagi24.jpg

道は圧雪なので走りやすく滑らない。

15分ほどで湖畔の駐車場に到着。
すでに仲間の一人が準備を済ませて待機中だった。
私たちも、ウルトラボックスからソリを下ろして荷物を積み込んだ。

img-2015-01-K-ai-Wakasagi25.jpg

今回は仲間がテントの用意をしてくれるので、荷物は少なめだった。

駐車場にはすでに20台くらいは停まっていて、湖の上にはカラフルな明かりが見えている。
準備中にもう一人の仲間が到着し、ソリを引いて湖上へと進む。

場所を決めて準備に入るが、今回は仲間内では初のキャンプ用のスクリーンタープを立てる。

img-2015-01-K-ai-Wakasagi26.jpg

写真よりも、実際は暗い。
生地の厚さや色の関係でテントが暗くなることと、風に弱いのが難点と考えたが、この日は天気が好かったので大きな影響はなかった。

テント内を上から見ると・・。

img-2015-01-K-ai-Wakasagi27.jpg

かなり広くて快適な内部だった。
ただ、ワカサギが想像よりも少なく、入れ食いはなかった。

この湖特有の外道であるカワガレイはたくさん釣れた。

img-2015-01-K-ai-Wakasagi28.jpg

4人で二桁は釣れた。
一枚くらいならいいが、あまりうれしくない外道である。

他愛もないおしゃべりと食事やおやつ、それがもう一つのワカサギ釣りの楽しみでもある。
やがて外は青空が広がっていた。

img-2015-01-K-ai-Wakasagi29.jpg

テント内はガソリンストーブを炊きっぱなしにできないほど暖かく、野天釣りをしている人たちもいた。

ワカサギの反応は渋かったので、それをいかに釣りあげるかという楽しみが好かった。

img-2015-01-K-ai-Wakasagi30.jpg

型が良いので引きも強く、数こそ少なかったが十分満足に楽しむことができた。

14時前には納竿して、明るいうちにとK-aiを走らせた。
日が照っていたので道路は路面が出ていて安心で、それでも所々に雪や氷があるので注意は怠れない。

img-2015-01-K-ai-Wakasagi31.jpg

陽がすっかり傾いて、間もなく夕陽が見られるかと思った。

上り坂の入口付近で、後方から迫る救急車が見えたので停車して道を譲る。
峠の入口で「この先○○で事故のため通行止め」とあった。

それから間もなく前方に車の列が見えた。
解除されるのを待っているのだろうが、待ち切れずに数台の車が引き返して行くのが見えた。
後方からパトカーがスピーカーで「この先大きな交通事故のためしばらくは通行止めです」と知らせている。
その間にも消防車が何台も反対車線を前方に疾走していく。

どうやって引き返そうかと思っていたら、警官が私たちのすぐ横の雪で高くなった部分を蹴って道を開けていた。

img-2015-01-K-ai-Wakasagi32.jpg

そして、パトカーは引き返して行ったのである。

K-aiはどんな狭いところでもUターンできるので、すぐに切り返すことなくUターンしてから、その先の道のナビ設定をする。
途中からはナビの案内に従い、初めての山道をしばらく走って国道39号線に出た。

自宅に着いたのは、予定よりも1時間半遅れであった。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ワカサギ

取れたてのワカサギが美味そうですね。北海道はどこにでも美味い
ものが転がっているというイメージなので、機動力のあるKaiがあればいたる所で食を堪能出来るのでしょう。
また、Kaiの内装は統一感があって、結構きれいに見えますね。
不統一な色あいのホテルよりは、よほどきれいに見えるのではないでしょうか。

グレイさんへ

網走のワカサギは海から戻ってくるので、北海道の中でも特に魚体が大きいのです。
新鮮なワカサギは、臭みなど全くなく美味です。
室内の雰囲気は、写真で見るよりは奇麗ですよね。
カメラではなく腕が悪くて、K-aiの内装の好さを表現できません。
白い・・・さんなら、きっと美しい写真が撮れるのでしょうが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。