スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-aiでつるつる温泉

K-aiに乗り換えてから、ワンボックスキャンパーとは違う断熱性能を確かめたいと兼ねてから思っていた。
ワカサギ釣りではあったが、極寒の地での車中泊を試みるもいずれも気温は下がらずマイナス一桁どまり・・・。

今回も、天気予報をみる限り寒くはなさそうだった。

とりあえず出発したが、国道はアスファルトが現れていて走りやすくて良い。
以前停車した層雲峡の絶景ポイントで再び岩を見る。

img2015-2-K-ai-19a1.jpg

紅葉で美しかった岩山は水墨画の世界のように変わっており、柱状節理の岩が荒々しく聳えている。

ここからは路面に雪も現れ始め、雪も降ってきていた。
そして石北峠を越える。

img2015-2-K-ai-19a2.jpg

昔の難所は、今や普通の道路と言ってもおかしくないほど楽な峠となっている。

対向車は多かったが、北見方面へ走る車は少ないのだろう、追い越していく車がほとんどなかった。

峠を下りると赤い看板が目につく。

img2015-2-K-ai-19a3.jpg

きつね牧場とかきたきつね村などの赤地に白い文字が次々と現れる。
しかし、このあたりにきつねを見られる施設はもうない。

以前はトナカイなども飼われていた施設も・・。

img2015-2-K-ai-19a4.jpg

すでに廃墟と化していた。
随分昔、一度だけきたきつね牧場に入ったことがあるが、キツネ独特の異臭が鼻をつき臭かった思い出だけが残っていた。
確か、あれは真夏だったなあ。

そうこうしているうちに、最初の目的地「塩別つるつる温泉」に到着!

img2015-2-K-ai-19a.jpg

国道39号線から左折して1分で着いた。
昨年リニューアルされたらしく真新しい。

日帰り温泉入浴料は500円。
券売機で入浴券を購入し、長めの廊下を行くと突当たりが広場になっている。

img2015-2-K-ai-19c.jpg

この日は昼時だったせいか誰もおらず、大浴場とは反対方向に龍神の湯という浴場もあるようだ。

つるつる温泉は随分昔、一度だけ入ったことがあるが古い建物だった。

img2015-2-K-ai-19b.jpg

大浴場の入口も新しく、中も当然きれいだった。
湯上りの老人が二人座って雑談をしていたが、一人は肩から腕にまで地味な色の刺青をしていて、じっくり見たい欲望を抑え中に入っていく。

温泉はその名の通りツルツルしていて、塩が利いている。
ph9.5という強いアルカリ泉である。

最後に外に出て、長い廊下を歩いて川を渡る趣向の露天風呂に向かう。
足もとは人工芝だが、凍らないように水が流されている。

この日の気温は寒くはないとはいえマイナスである。
肩まで湯に浸かって静かすぎる山奥の温泉が癒しを与えてくれた。


この温泉は保温効果がとてつもなくあり、湯上り後30分以上は汗が引かなかった。
それほど温泉好きでもない私が気に入った湯となった。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。