スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本物のタワー天丼

留辺蘂の塩別温泉を出る頃には、すでに12時半を過ぎていた。
これから向かう昼食予定の場所には13時を過ぎての到着になってしまうだろう。
だが、人気グルメ店で食事をするための予定通りの遅れだったのである。

塩別温泉から20分ほどだろうか、国道から留辺蘂市街へ入って行く。
町内は車はあまり走っておらず、店を探しながらのんびり走行しても迷惑にはならなかった。

やがて、市街地の外れ付近に目的の店が見つかった。

img2015-2-K-ai-19d.jpg

お食事処「加根志め」である。

駐車場には他に3台しか停まっておらず、たぶん混雑はしていないと判断。
安心して店の暖簾をくぐる。

中はオープンな調理場に向かって座るカウンター席と壁際に並ぶテーブル席で、全てに着座しても20人くらいだろう。
カウンター席の上にはステンドグラスを連想させるような色遣いの、この店には不釣り合いに見えてしまう装飾がされている。

あらかじめ下調べをしてきたので、注文したのは天丼とやまかけそばだった。
混雑している時は調理に時間がかかり、55分待ったと言う記事も読んでいたので覚悟して待つ。

はじめにやってきたのはやまかけそばだった。

img2015-2-K-ai-19e.jpg

そばの量は多く、つゆが多過ぎて卵をかき混ぜられない。
しかし、味はいい。
そばもしっかりコシがあり、出汁は万人向けといった具合かな。

そのうち、店内になにやらささやき声が聞こえ始め「あれは絶対無理だな・・」とか「うわー・・・」とか、私は調理場に背を向けているので直接見てはいなかったが、明らかに調理場を見ている人たちが言っている。
一度私のところへ向かっていたようだが、天丼が崩れて手直ししてから再チャレンジということはよくあるらしい。

少しして、周囲の歓声を受けながら私の元に運ばれてきた。

img2015-2-K-ai-19g.jpg

俗に言う「タワー天丼」である。
高さは30cm位あるだろう。
蓋に支えられてこの高さを維持しているらしく、まずはじめにこの蓋を外し、その上に一部の天ぷらを避けておかねばご飯が食べられない。

慎重に蓋を外したつもりが一部が崩壊!
少し天ぷらの破片を飛び散らせてしまったが、とりあえず食べやすくなった。
食べてみると、衣がサクサクでこんなに歯ごたえの軽やかな天ぷらは初めてかもしれないことに気付く・・。
かけてある天つゆが甘いので飽きてしまいそうだが、サクサク感にそれほど飽きはこなかった。
ご飯が少なめなのもいい。

気になるお値段は・・・何と!このボリュームで1350円とは安すぎでしょう。
機会があればまた行きたいお店となった。
都市部には高くて美味しい、まあ、当り前なお店は多いが、本当の安くてうまい店は少ないだろう。
こんな田舎にこそ、安くて美味しいお店が存在していることはうれしいことである。
もちろん例外もあるが・・・。


食後は北見市内に入り、釣り具やアウトドア用品店で買物をして、大型スーパーでは食材の買物を楽しんだ。
その後、この日の車中泊をする道の駅へと向かった。

阿寒湖温泉まで20kmに近づいたところに道の駅はあった。

img2015-2-K-ai-19f.jpg

道の駅あいおい到着。

すでに館内は閉館しており、トイレだけは24時間使用可能。

img2015-2-K-ai-19h.jpg

大きな雪だるまが駐車場を見張っている。
奥の車は道の駅の職員らしく、泊まりは一台のみ。
時々トイレや自動販売機に寄る車があるだけの静かな場所だった。

すぐに暗くなり始めたので、さっそく夕食の準備をする。

img2015-2-K-ai-19i.jpg

といっても、スーパーの弁当である。
このワインは意外に口にあった。

外は雪がしんしんと降り始めていたが、車内は家の中よりも温かいほどに快適だ。

img2015-2-K-ai-19j.jpg

今夜の一杯は、新潟の地酒麒麟山だ。
スッキリした飲み口だが、キレがあって食後の一杯にはこれくらいの量がいいかもしれない。

テレビは1チャンネル、それもワンセグしか入らなかったのでブルーレイディスクに録画した映画を観る。
今回もワカサギ釣りの道具を積載しているので、寝る時は道具を助手席に移動して山積みになった。
しかし、まだ余裕があるので、特に荷物量の多いワカサギ釣りであるから、ほとんどの釣りに対応できるだろう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

さすが北海道、スケールがでかいですねw
私が北海道へ行った時に驚いたのが、何気
なく入った居酒屋で出てきたアスパラの
太さと美味さですね。なにせハンバーグの添え物
ぐらいのイメージしかなかったもので、
2〜3本で一品料理として成立していること
に新鮮に驚いた記憶があります。

グレイさんへ

住んでいると気付かないことは多々あります。
北海道は食の宝庫とよく言われますが、私は回転寿司をお勧めします。
安くて美味しいのが北海道の回転寿司で、北海道内のちょっとした街ならどこにでもあるといった具合です。

アスパラでしたら、小樽の居酒屋で直径が2cmくらいありそうな太いのが丸々一本長い皿にのって出されていたことを思い出しました。
プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。