スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-aiでワカサギ釣り


道の駅あいおいでの車中泊は、いつもどおり静かな夜だった。
夜中にトイレに起きた時、雪がしんしんと降っていて寒く感じるも、車内は丁度好い温かさですぐに寝てしまう。


目覚ましで起きて、外を観るとまだ真っ暗だった。
ベッドからソファに室内を変えて、助手席の荷物を後部に移動して出発!
途中ですれ違う車はトラックばかりだった。
約20kmほど走ると阿寒湖畔の温泉街に到着。


はじめに、温泉街の外れにある7-11に寄った。

img2015-2-K-ai-20.jpg

ここに着いた頃にはすっかり明るくなってきていたが、雪は止みそうになかった。

朝食と昼食、そしておやつなどを購入し、腹ごしらえにたこ焼きを食べてから出発した。

img2015-2-K-ai-20a.jpg

温泉街はひっそりしていて街灯がまだ消えていない。
これから出勤するのだろう、足早に歩く人を数人見かける。

阿寒湖温泉街には何度か来たことはあったが、ワカサギ釣り場は知らなかった。
友人から詳しく聞いていたので、迷うことなく氷上の駐車場に到着。
そう、ここの駐車場は湖の上なのである。
すでに10台ほどの先行者の車があり、ソリに荷物を積み込んで100mほど沖にあるテント群を目指す。

img2015-2-K-ai-20c.jpg

忘れ物はないつもりで出発したが、車内にエサを忘れていた。
しかし、駐車場が近かったのですぐに取りに行くことができた。

周りを見ると大型ホテルが建ち並び、いかにも温泉で釣りをしている気分になる。

img2015-2-K-ai-20d.jpg

早朝なのでとても静かだった。

一番賑やかそうな場所にテントを立て、ドリルで穴を開けてみると、氷の厚さは90cmもあった。
しかも、氷の硬さにムラがあるので一気に貫通させられず、少々苦戦してしまった。

img2015-2-K-ai-20i.jpg

それでも、仕掛けを下ろすとワカサギからの反応があり、やや小ぶりではあるが少しづつ釣れる。

しかしそれは最初のうちだけで、次第に食いが悪くなってくる。
さらに、観光客用のスノーモービルの爆音が始まった。

img2015-2-K-ai-20g.jpg

広いコースは釣り場の横にもあるので、時々すぐ横を走り抜ける音も聞こえる。

しばらく我慢していたが、あまりにも釣れなくなったので近くで違う穴を開けて試してみるが釣れない・・・。

img2015-2-K-ai-20e.jpg

近くの人たちがお互いに情報交換するも、いい話はなかった。

私はそのまま釣れる場所を探しに、ドリルと竿と氷掬いを持って最先端に向かった。
これが功を奏して、一匹目が釣れると次は入れてすぐにダブル・・そしてまたダブルと釣れたので移動を決めた。

移動してからは順調に釣れていて、はじめからここにすればよかったと後悔するが、もう11時を過ぎていた。

img2015-2-K-ai-20f.jpg

駐車場から見た釣り場。
この釣り場は、水洗式の公衆トイレが近くにあるし、何よりも駐車場が近いのがいい。

外は雪が降っていたがテント内は全く関係なく、ワカサギもいいテンポで釣れていた。
充分楽しんだところで15時過ぎには納竿とする。

img2015-2-K-ai-20j.jpg

二人で300匹ほどだったが、極端に小さいワカサギはいなかったので重量的には結構。
これでまたワカサギの佃煮の料理ができる。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。