スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おけと湖のワカサギ釣り

道の駅おんねゆ温泉の車中泊の朝は冷え込んでいた。
もちろん、FFヒーターがあるので室内は温かいが、フロントガラスに分厚い氷が張っていたのである。
このまま融けてしまうとその水は全てダッシュボードに落ちてしまうので、氷欠きで剥がして捨てた。
室内に湿気は発生しないので、温泉に濡れたタオルから出たものが多いかもしれない。
フロントガラスは、もう少し厚い断熱材に変えてみようと思っているので、そのレポートはのちほど・・。

反対に、後部の窓は結露が少なかった。
これは、カーテンを閉めなかったせいだろう。


さて、未明から起きて準備して、留辺蘂からはおそらく初めてとなる置戸へ続く道を走る。
前々日の大雪で温根湯の街の中は片側2車線が1車線になっていたほどだった。
しかし、置戸へと続く道はアスファルトが現れていて走りやすい。

やがて温根湯峠の頂上に達し、ここでは路面に積雪がある。

img2015-3-K-ai-1a.jpg

置戸町は木材の町で、オケクラフトという木工品が有名。
この町看板もオケクラフトである。

道は走りやすかったが、なにせ初めての道なので速度は控えめで、1時間近くを要してしまう。

img2015-3-K-ai-1b.jpg

ここはダムの上の道。
左に湖、右は深い谷になっていた。

通り過ぎると高い橋があり、すぐに右折して細い道を湖に降りてゆく。

img2015-3-K-ai-1c.jpg

駐車場は想像よりも広く、日曜日の今季最終日の割には人が少ない・・。

その理由は、おそらく前々日の大雪にあるのかもしれない。
釣り場が近いので簡単に行けると思っていたのだが、そうでないことに気付く。

img2015-3-K-ai-1d.jpg

大雪のために道は細く足場は緩く、更には氷の上に水が入り込んでしまっていた。
この水がソリを濡らし、濡れたソリに雪が付着してしまうのである。
ソリの重さは何倍にもなってしまい、釣り場に着いた時には息が切れていた。

テントは、友人の大型スクリーンタープにお世話になり、広々と快適だった。

img2015-3-K-ai-1e.jpg

深さは7mほどで、底まで仕掛けを落とすとすぐに反応は返ってくる。

他の湖に比べるとワカサギは小さいが、水がきれいで澄んでいる。
このワカサギはいつものように唐揚げで食したが、とても美味しかった。

img2015-3-K-ai-1f.jpg

数が増えても量的にはいつもの3分の1以下だろう。
されど一匹は一匹、釣った楽しさに違いはない。

お昼過ぎには満足して納竿とする。

img2015-3-K-ai-1h.jpg

途中にある「おけとゆうゆ温泉」に立ち寄ってみたが、ここは改装工事に入るらしくしばらくは利用できないらしい。
広々とした露天風呂が気持ち良かった。
お湯は塩辛いが、塩別温泉のようにつるつるではなかった。


北見市内までアウトドア用品を探し行ったので、結局自宅に着く頃には暗くなっていた。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。