スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ウインドウシールド加工

ウインドウシールドに使う厚さが15mmのマットを使い、リヤウインドウ用を作ってみた。

リヤウインドウは幅が68.3cm×高さ23.5cmなので、折り畳みマットは折り畳まずに使用できた。

img-2015-K-ai-RearSealed1.jpg

リヤウインドウはペアガラスではないので、フロントウインドウ同様結露しやすかった。
ひどい時には水が流れ出るほどで、注意して拭きとらねばならないほどだった。

できるだけ隙間のないように加工したつもりだったが、これがなかなか難しい・・・。

img-2015-K-ai-rearSealed2.jpg

80点!
慎重に何度も合わせながら切ると完璧にできるだろう。
面倒くさがりなので、このくらいで勘弁を・・。


一晩過ごしてみたが、マイナス一桁という暖かさだったこともあり結露は発生していなかった。
とりあえずうまくいった。
写真ではわからないが、取り外しが容易にできるように取っ手も付けてある。
目立たないように透明なビニールを使ってみた。



もう一つは、フロントウインドウ用のシールド加工である。

img-2015-K-ai-rearSealed4.jpg

フロントウインドウには、アンテナ用の出っ張りが4ヶ所ある。
これがそのままだと密着できず、結露の原因となっていた。

そこで、この出っ張り部分をくり抜いてみた。

img-2015-K-ai-rearSealed5.jpg

中央のETC用のスピーカーが一番厄介で、この部分はギリギリまでくり抜いた。
結果、随分密着できるようにはなったが、完璧ではない。
それは、温度差によって伸縮するので大きめに切ってあるせいかもしれない。


一晩過ごした朝の写真。

img-2015-K-ai-rearSealed3.jpg

上から冷気が下りてきた結露が見られるが、以前と比べると段違いに改善されている。
青く写っているが、実際は銀色である。

断熱マットによる断熱加工は、これにて完了!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。
そうですね、自分なりに色々工夫するのも楽しいですよね。
これで終わりということはないので、これからも簡単なDIYしていきます。
プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。