スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富良野スキー場/ダウンヒル

お昼になったが、朝食がまだ胃の中に残っているくらいの感覚があった。

それでも食欲はあったので、山頂駅の横にあるレストラン・ダウンヒルに入ることに。

img2015-3-K-ai-24m.jpg

何度か入ったことはあるが、すっかり記憶からは消えてしまっている。
今回改めて調査したところ、ホワイトカレーが人気とのことだった。

中に入ると、もあっとするほど入口は暖房が利いていた。
券売機で食券を購入し、受付に渡す。

img2015-3-K-ai-24n.jpg

ログハウス風の内部は、一席が6人ほどの広いテーブルだった。
客の入りは、席数の10%ほどなのでどこでも座ることができた。

ホテル側の席にしたが、雪であまり見えなかった。

img2015-3-K-ai-24o.jpg

見えるのはロープウェイだけ。

食券番号が呼ばれて料理を取りに行く。

img2015-3-K-ai-24p.jpg

これがホワイトカレーだ。
味と香りはカレーそのものなので不思議な感覚。
シチューのようではあるが、食べてみると間違いなくカレーだ。
コロッケは揚げたて熱々で、バター風味のライスも美味しい。

もう一品はスパゲティ。

img2015-3-K-ai-24q.jpg

鮭スパゲティは初めての味だったが、これがネギと合って意外に旨い。
朝ごはんを食べ過ぎていたので、これでもお腹が苦しかった。
若い男性店員さんが明るくて気持ちの好い接客をしていた。

食後はロープウェイ側のコースに向かった。

img2015-3-K-ai-24r.jpg

丁度、ゴンドラが通過するが、ゴンドラも鉄塔も巨大だ。
写真では感じられないが、結構な雪が降っている。

しかし、直後には眼下に富良野市内がくっきり見えてきて、空には青空も見える。

img2015-3-K-ai-24s.jpg

鉄塔から見晴らしの好い所までは登りになっていたので、片足滑りでそちらへと向かった。
これまでなかった明るさがようやく見えた瞬間だった。

午後から晴れという予想は、富良野の山にも的中したようだった。

img2015-3-K-ai-24t.jpg

再びロープウェイで山頂へ。

ただし、麓に下りてくると雪質が激変し、ガクンと速度が落ちる現象が起こってしまう。
春ボードの辛いところでもある。

img2015-3-K-ai-24u.jpg

ゴンドラ後尾に乗車すると、こんな風景が見える。

最後の滑走はホテルに戻らなければならないので、一番最初に滑ったコースを行く。

img2015-3-K-ai-24v.jpg

雪面が好く見えて乗りやすく、景色も最高だった。
これが朝からだともっと乗りやすかったのだが・・。

ホテルのゲレンデ出口に直行し、今シーズン初にして最後のボードが終わった。


翌日ともう一日、下半身がやや筋肉痛になったのはもちろんのこと。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。