スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿寒湖硫黄山川口の釣り

早く寝たので起きるのに苦労はいらない。
未明から行動するのには慣れている。

img2015-3-K-ai-29a.jpg

道の駅摩周温泉の駐車場は10台くらい停まっていた。

準備を整えて出発するときは、僅かに空の色が明るく感じる程度だった。

阿寒湖までは約40kmあり、峠道もあるので40分では行けないだろう。

img2015-3-K-ai-29b.jpg

ナビに映る地図はカーブの連続で気を使うが、対向車も後続車もずうっとなかった。

峠を下るとT字路があり、目的地は近かった。

img2015-3-K-ai-29c.jpg

このあたりまで来るとかなり明るくなっていて、周りはよく見える。

やがて右上に雄阿寒岳が見え始め、その大きさや高さに圧倒された。

img2015-3-K-ai-29d.jpg

温泉街に着いた時は東の空が赤くなっていて、間もなく朝日が見られることがわかる。

コンビニで買物をして、友人に教えてもらった川の目印となる橋を探す。
橋はすぐに見つかったが、駐車場までの道がガクガクで、さらに駐車場もぬかるみがあった。

img2015-3-K-ai-29e.jpg

それでも、まだ凍りついていたので泥沼ではなく、ソリを雪の上に置いておいて何度か運んだ。

駐車場から釣り場までは50m程度なので非常に楽だった。

img2015-3-K-ai-29f.jpg

雄阿寒岳と赤く染められた雲と空のコントラストが美しい。
早くも、こんなにたくさんの釣り人が来ていた。


場所を決めて、穴をあけてと、やることはたくさんある。
すぐに日が昇ったのでテント内は温かく、しばらくはストーブいらずだった。

そして10m弱の底に仕掛けを落とすと・・・直ぐに反応があり、ワカサギが顔を見せてくれた。
しかも、朝は入れ食い時間となり、ダブルトリプルと反応は良い。

img2015-3-K-ai-29g.jpg

たまに小さいワカサギも釣れるが、ほどほどの大きさのものがほとんどだった。

外に出てみると、雄阿寒岳とは反対方向に白い山が見える。

img2015-3-K-ai-29h.jpg

こちらが雌阿寒岳。
川が湖に入り込んでいる場所は氷がなく、この周囲は立ち入り禁止となっている。

テント群の奥に見えているのがホテル街。

img2015-3-K-ai-29i.jpg

ホテル街の近くにあるスノーモービルが近くを走っていたので、広いコースなのだろう。

ゆっくり楽しむつもりで来ていたのだが、朝マズメ終了と同時に反応がなくなってしまったので、早い時間に納竿することにした。
それでも、前回よりは数が多く満足だった。

img2015-3-K-ai-29j.jpg

川の流れが春らしい。

帰り道は思ったよりもドロドロではなく、さほど汚れることなく道に出た。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。