スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高倉健が残したもの~“人を想う”心の旅~

以前、南富良野を訪れた時、映画「鉄道員・ぽっぽや」のロケ地である幾寅駅で、偶然にドキュメンタリー番組の撮影現場に遭遇したことがあった。

スタッフの方に放送日を聞いていたが、すっかり忘れてしまっていた。
しかし、その放送日が明日土曜日であることを急に知った。

img2015-Takakura02.jpg

これがその時の撮影の様子。

img2015-Takakura01.jpg

柳樂優弥という俳優が高倉健の撮影地を訪ねる。


去年11月に亡くなった俳優の高倉健。
83年の生涯で撮った映画は205本にも上る。
高倉が何よりも大切にしてきたのは、ロケ現場で出会った市井の人々との交流。
「鉄道員・ぽっぽや」の舞台、北海道で出会った主婦との16年にわたる往復書簡。
震災で傷ついた少年には、「負けないで!」とエールを送った。
果たして、高倉が残した「想い」とはどんなものなのか?
俳優の柳楽優弥が全国各地を旅しながら探っていく。

という番組とのこと。


img2015-Takakura03.jpg

健さんは、いま、冥土から何を想い何を願っているのだろう。


放送日:2015年5月16日20時~21時 NHKBSプレミアム


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。