スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★K-aiベンチ仕様 展示車5

キャブコン車の多くには、エントランスドアという出入口がついている。
このドアが、一層キャンピングカーらしい雰囲気を醸し出す。

もちろん、k-aiにも付いていて、助手席の少し後ろにある。

img2014-4-1456.jpg

これまで乗ったキャンピングカーの中では唯一、タイガーに設置されていた。

このドアは好く出来ていて、外側のFRP製のドアと内側の網戸サッシが合わさっている。
上の写真のように2枚が一組になっていて、これは網戸状態にした時にドアを開ける取っ手部分を閉じたもの。

網戸を使用しない時やドアを開ける時には、このような開放状態になる。

img2014-4-1424.jpg

開放するためのハンドルやロックレバーがある。
ドア上部には窓がついていて、カーテンもあるのでプライバシーの保護もバッチリ。


ベースが軽トラックなので、キャビンへの乗り降りは段差が高く、初めて乗った時は不便かなとも思った。
しかし、何度か試しているうちに慣れてしまうものである。

オプションで電動のスライドステップもあるが、税抜きで65000円もする。
小さな子供が乗車しない限り必要性はなさそうだ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。