スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-aiで道の駅知内と福島&白神岬

レストラン・ケルンは、やはり最高だった。
味わって食べたので、余計に満腹感が強かった。

しかし、ここまでくれば函館や北斗市はすぐそこだった。

img2015-05-07-080.jpg

このトンネルを抜けると、七飯町から北斗市はすぐそこ。

長い下り坂を下りきる途中から右折すると、国道5号線から96号線になる。
空気が澄んでいれば函館も見えるのだろうが、この日は遠くまでは見渡せなかった。

道はいつしか函館茂辺地道路という自動車専用道路?に入った。
気がつくと、左に巨大な工場が見えてくる。

img2015-05-07-081.jpg

これこそが太平洋セメント上磯工場だ。
先日、NHKの探検爆門で2回にわたって紹介されていたので、その放送を観たばかりだった。

函館茂辺地道路から国道228号線になり、海岸線を南へと走っていると、左に函館山が見えた。

img2015-05-07-082.jpg

駐車帯にK-aiを停めて眺めてみる。

こうしてみると、函館山は島の様にも見える。
カメラの最大ズームで覗いてみると・・・。

img2015-05-07-083.jpg

山頂の様子を見ると、確かに函館山だと確信する。

もう少し周囲を見ると、近海郵船の船も見える。

img2015-05-07-084.jpg

この周辺の外人墓地もなんとなくわかるほどだ。

更に沖に目を向ける・・。

img2015-05-07-085.jpg

津軽海峡フェリーだ。
肉眼だと白い豆粒くらいにしか見えない。

木古内までは海岸線だったが、知内町から内陸に入った。
道の駅しりうちで休憩。

img2015-05-07-086.jpg

知内町といえば北島三郎の出身地で、当時は知内村だったらしい。
道の駅の売店内に北島三郎のポスターが貼られているが、その存在は薄く感じられた。
函館市内にある北島三郎記念館のような大掛かりのものではないにしても、何かあったらいいのにと思った。

img2015-05-07-087.jpg

トイレの横に美しく咲く桜があった。
何故だか、こちらに来るほどに桜がたくさん見られる。

駐車場からはこんなものが・・。

img2015-05-07-088a.jpg

北海道新幹線の架線である。
来年には開業というから、早いものだ。

ここから杉の木の森がみられる山奥といった道になり、ここを抜けると福島町になる。

img2015-05-07-089.jpg

福島町はやや栄えていて、青函トンネルの記念館や横綱二人を輩出している町なので、その記念館もある。

img2015-05-07-090.jpg

道の駅福島の隣に横綱千代の山、千代の富士記念館がある。

img2015-05-07-091.jpg

ここと青函トンネル記念館は、以前見学しているので今回は入らなかった。

時間はすでに14時半を過ぎていたのですぐに出発。
道は再び海岸線になり、トンネルの多い険しい道となった。

img2015-05-07-092.jpg

20分ほどで白神岬に着いた。

img2015-05-07-093.jpg

ここは北海道の最南端である。
地図で確認すると、確かに最南端だった。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。