スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旭川の銘酒男山

この酒造会社のすぐ近くに住んでいたこともあるのに、実は初めて入った。

img2015-06-Otokoyama01.jpg

日本酒は好きだが、体の為に滅多に呑まない。
正確には、呑ませてもらえないお酒でもある。
もちろん、自分の意志でもあるが・・。

酒造会社の前を通るたびに、そのうち見学しよう。
そう思っていたが、車を運転するのでなかなか入る気にはならないのがのん兵衛の性だろう。
呑めぬなら、入っても仕方がない・・・。

入口から入ってみると、観光バスや自家用車で大混雑していた。

img2015-06-Otokoyama02.jpg

ずずーと奥まで入って、何とか車を停めて正面入口に向かう。

観光バスから下りてくる客はほとんどが中国語だった。
そう、今ニュースなどで取り上げられている「爆買い」の旅行客。

ここ男山は、正面の庭が四季折々の花々で彩られており、この時期は藤やつつじが見頃とのこと。

img2015-06-Otokoyama04.jpg

観光客がいなくなった隙にパチリ。

正面の庭も花盛り。

img2015-06-Otokoyama03.jpg

池には大きな鯉が泳いでいる。
水車もあるので、旭川市内にあるとはとても思えない。

建物に入ってみる。

img2015-06-Otokoyama05.jpg

この入口の横には名水井戸があり、近くの人がわざわざ水を汲みに来るようだ。

1階は酒の試飲と販売コーナーや売店などがあった。

img2015-06-Otokoyama06.jpg

img2015-06-Otokoyama07.jpg

ここでも中国語が飛び交っていて、みなさん買物に夢中だ。


喧騒を避けて2階へ。

img2015-06-Otokoyama08a.jpg

2階は江戸時代の資料室となっている。

img2015-06-Otokoyama09.jpg

酒造りの古文書。

img2015-06-Otokoyama010.jpg

座敷用酒燗器も。

そして3階へ。

img2015-06-Otokoyama011.jpg

やや広いスペースに酒造りの道具類が並んでいる。

img2015-06-Otokoyama012.jpg

img2015-06-Otokoyama013.jpg

会津の宮泉酒造で見たようなものもある。


建物を出て、再び前庭を見る。

img2015-06-Otokoyama014.jpg

昔の道具が並んでいる。

img2015-06-Otokoyama015.jpg

振り返ると藤棚と池がある。

念願の酒蔵男山だが、車だったので当然試飲はできず。
心残りな見学となったことは言うまでもない・・・。

でも、念願叶い少しすっきりした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。