スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強スープカリーブッダ

K-aiではキャンプらしいキャンプを未だしておらず、キャンプ用の荷物を満載した時に何か問題はないか?
そんな検証をするためのキャンプでもあった。

当日の朝まで天気予報とにらめっことなり、ようやく雨が降らなさそうな道北の名寄市に向かうことになった。

img2015-06-K-ai-Nayoro01.jpg

途中の町比布町では、早くも名物のイチゴ狩りが始まっていた。
国道沿いにはイチゴ狩りの幟が目印になっていて、あちこちの農家にたくさんの車が停まっている。

稲もずいぶん成長している様子。

img2015-06-K-ai-Nayoro02.jpg

次の町剣淵町の道の駅で一休み。

中にある手作りパンで翌日の朝食のパンを購入する。

img2015-06-K-ai-Nayoro03.jpg

剣淵町といえば映画「じんじん」の撮影が行われた町だ。
主役は大地康雄で、男はつらいよの寅さんのような役を演技派らしく見事に演じている。


士別市内に入ると「ビート祭り」の案内看板が気になったが、後ろ髪を引かれながら通過・・。


名寄市に入り、西条デパートのすぐ近くにあるスープカリー店を探す。
この「最強スープカリーブッダ 」は以前は飲食店街の近くにあったが、次に来店時は移転していて見つけられなかった。

更にもう一度探すも、どういう訳か発見できなかった。

今回は十分調べ、ストリートビューで確認していたのですぐに見つかった。

img2015-06-K-ai-Nayoro04.jpg

店は一軒家で、ブッダの絵が目印。
これならすぐに見つかるだろう。

以前の店もそうだったが、ここも入口で靴を脱いで店内へ・・。
内部は以前の店よりもさらに暗く、鳥目の私はほとんど何も見えない。

img2015-06-K-ai-Nayoro05.jpg

こちらはカウンター席。
明るく写ってはいるが、実際はかなり暗い。

目が少し慣れてくると、4人掛けのテーブル席が4つとカウンターという、こじんまりした店内だった。

img2015-06-K-ai-Nayoro06.jpg

店内は暗さも手伝って雰囲気は満点。
だが、暗すぎる・・・。
メニューがどうやっても見えず、カメラで写して拡大して何とか・・。

飲み物はコーラと、期待していちごミルク。

img2015-06-K-ai-Nayoro07.jpg

いちごミルクは、480円もしたのに期待はずれだった。
自然な味といってしまえばそうかもしれないが、薄くて水で薄めたラッシーを飲んだ気分。

しかし、カリーは相変わらず美味い!

img2015-06-K-ai-Nayoro08.jpg

「豚肉とチーズでWとろとろ~」を2番の辛さに小ライスでというその名は「ポチーズ」。
最初の一口でスープをいただくと、シソの風味のような香ばしい香りがする。
スープはシンプルだが深い選びぬかれた香辛料が絶妙で、豚肉は癖のないシンプルな味付け。
チーズは沈んでいて、とろけるチーズが豚肉の旨さを引き立ててくれる。

もう一品は鳥肉から。

img2015-06-K-ai-Nayoro09.jpg

「チキベジ」とメニューにある鳥肉と野菜たっぷりカリー。
ポチーズよりもボリューム感があるので、食べごたえは十分だった。

優しそうな御主人の風貌と声がカリーの味にも出ている気がする。
それほど辛くないのに汗が出てくるのは不思議な感覚だった。

img2015-06-K-ai-Nayoro010.jpg

次は3番で食べてみよう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。