スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほたるの里キャンプ3

K-aiの遮光カーテンと、断熱材を兼ねたシェードが朝の光を遮って、起きてすぐには何時なのか判断できない。

起きたのは6時前で、すでに太陽がキャンプサイトを射している。
気温は低く、スクリーンタープは一部スクリーンにしただけでお湯を沸かしコーヒーを入れて飲んだ。

img2015-07-K-ai-Numata040.jpg

昨夜のお酒が残っていたので、野菜をたっぷり食べる。

ご飯は函館名物のイカ飯。

img2015-07-K-ai-Numata041.jpg

イカはやや硬いが、ご飯はイカの味がしっかりしみ込んでいる。
キイウィはまだ早かったか、酸味が強くて硬かった。
代わりに、バナナ丸ごとホイップが優しかった。

食後は本を読むなどしてのんびり過ごすが、次第に日が昇り暑くなってきた。
スクリーンタープ内よりも、K-aiの日蔭の方が涼しい。

img2015-07-K-ai-Numata042.jpg

風の通りがいいせいで、この頃から片づけを開始。
このキャンプ場はゴミの分別が多く、指定の袋に入れて管理棟横のゴミステーションに捨てなければならない。

今朝気付いたことが一つ・・・。
入り口のゲートが破壊されていたのである。
ゲートといっても木製のポールがあるだけだが、このポールが根元から折れていた。
一番近くで寝ていたが、特に物音が聞こえた訳でもなく、朝にはポールが無くなっていたのであった。


私たちが帰る頃は、周囲のキャンパーはすっかり撤収してしまっていた。

img2015-07-K-ai-Numata043.jpg

空は青空が広がり、気温も高くなり始めている。

場内は清掃のおばちゃんたちが8時頃から動いていて、私たちは管理棟に電源コードを返却してから出発。

旭川方面に帰る予定だったが、ホテルの向かいにある蒸気機関車が気になる・・。

img2015-07-K-ai-Numata044.jpg

昭和42年まで現役で活躍していた、クラウス15号蒸気機関車だった。

明治22年にドイツのミュンヘンで製造された小型の蒸気機関車で、九州鉄道から国鉄、そして東京横浜電鉄を経て北海道留萌鉄道で石炭の運搬に使われていた。
日本に現存する小型蒸気機関車としては最も古く、JR北海道より準鉄道記念物として指定されている。

img2015-07-K-ai-Numata045.jpg

保存状態が良く、じっくり見ても他で展示されている蒸気機関車のような哀れさは全く感じられない。

全てにおいて見事というほど手入れが行き届いている。

img2015-07-K-ai-Numata046.jpg

金属の材質までが明瞭に見てとれる。

運転席に入ることもできる。

img2015-07-K-ai-Numata047.jpg

いつでも動きそうなくらいに、錆などはまったくない。
足元を見ると、石炭を入れるスコップが意識的無造作に置かれていて、その周囲には石炭の屑が落ちている。

この状態の良さは、機関車を収納する建物にあった。

img2015-07-K-ai-Numata048.jpg

ガラス張りの建物に収納されるので、雨や雪、そして風からも守られている。


その奥にもうひとつ建物があった。

img2015-07-K-ai-Numata049.jpg

img2015-07-K-ai-Numata050.jpg

ほたる学習館だった。

入口で靴からスリッパに履き替える。

img2015-07-K-ai-Numata051.jpg

懐かしい建物が入口に再現されている。
NHKドラマ「すずらん」の明日萌駅である。
沼田町にあるJR恵比島駅がドラマの舞台で、この駅が明日萌駅として登場していた。

恵比島駅に行くと、以前はロケ写真などの展示がされていたが、今どうなっているかは分からない。

館内は、随分昔の炭鉱で栄えていた頃の写真や、使われていた道具などが展示されていた。

img2015-07-K-ai-Numata052.jpg

img2015-07-K-ai-Numata053.jpg

体験学習や、ほたるの生態についての映像を長時間観ることもできる。

沼田町に生息する蝶などの昆虫の展示もされていて、自然豊かな沼田町を知ることができる場所にもなっていた。

img2015-07-K-ai-Numata054.jpg

最後にもう一度明日萌の展示を見てから外に出た。

ほたる学習館のプレート。

img2015-07-K-ai-Numata055.jpg

そういえば、この町でみられるほたるだが、外来種なので元々存在していたものではないと何かで特集していたことがあった。

それでも、久しぶりにホタルを見てみたいとも思う今日この頃・・・。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。