スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★K-aiベンチ仕様 展示車8

K-aiのベンチタイプでは、一人であればそのまま横になることができる。
もちろん狭いが、とりあえずは184cmの長さは確保されている。

フルサイズベッドでは、幅が130cm×184cmとなる。
では、長いマットを使わないベッドサイズはどれくらいあるのだろうか?

さっそくセットしてみた。

img2014-4-1438.jpg

幅は87cmある。
一人ならば充分な幅である。
運転に疲れたり、ちょっと仮眠で一休みするなど、いきなり横になれるのは有り難い。

これまではベッドパッドを使い、特大サイズの封筒型のシュラフを使っていたが、これからは置き場所も考える必要があるかもしれない。
そうそう、枕代わりのクッションもある。

キャビン側から運転席側をみる。

img2014-4-1454.jpg

こうしてみると、対面対座にはない広さがお分かりいただけるだろう。

ベッドメイクしても、助手席の後方には脱いだ靴を数足置いておけるくらいの余裕があった。
以前はここに収納ボックスがあった。
撤去したのは正解だと思う。

収納ボックスの撤去を知った時は、あれ好かったのにと思ったが、実車を見ると撤去は大正解だったことを実感した。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。