スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-aiで北海道最高峰3

ホテルベアモンテから300m程だろうか、キャンプ場はわかりやすかった。

旭岳青少年野営場が正式名称である。
トイレだけ使うというのもいかがなものかと思ったので、車中泊での利用はできるか聞いてみることにする。

img2015-08-K-ai-Asahi020.jpg

左の管理棟で聞いてみたところ、問題はなかった。

駐車場でも、この管理棟の横の空地でもいいとのこと。
料金は一人500円のキャンプ料金と一緒。

img2015-08-K-ai-Asahi021.jpg

右のログハウスがトイレで、実に立派。
もちろん水洗便所だった。

駐車場の一番端で車中泊することに。

img2015-08-K-ai-Asahi022.jpg

網戸にしてみると、風が入ってきて涼しい。

翌日の食事用に買ってあった、パンの袋が膨らんでいた。

img2015-08-K-ai-Asahi023.jpg

ここは標高が1000mほどもある高地なので、こんな面白い現象が見られる。

次第に薄暗くなってきたので、コンビニ弁当だが夕食にする。

img2015-08-K-ai-Asahi024.jpg

こんな時に便利なのが電子レンジで、熱々の夕食を食べることができた。
もちろんテレビの電波など届かないので、用意してきたビデオ鑑賞を楽しむ。

img2015-08-K-ai-Asahi025.jpg

以前購入して飲んでいなかった軽井沢ビールの黒を楽しむ。

しばらくすると管理人さんがやってきて、この小さなキャンピングカーがどうなっているのか見に来たようだった。
管理人さんは、こういった軽キャンピングカーを欲しがっている様子だった。

次第に外は暗くなってきた。

img2015-08-K-ai-Asahi026.jpg

トイレの基礎は石積みらしく、なかなか立派なものだった。
照明は人感センサー式で、入口と内部の2ヶ所が順に点灯する。

管理棟は夜も明かりが点いていて、宿直室らしき部屋があった。

img2015-08-K-ai-Asahi027.jpg

奥の方にキャンパーがいるようだが、ほとんど声は聞こえてこなかった。

時々、トイレに上る木の階段の音がするくらいだった。

img2015-08-K-ai-Asahi028.jpg

K-aiの奥の明かりは隣接するホテルのもので、露天風呂らしき場所からの声が時々聞こえた。

こんな夜は、やはり日本酒がいい。

img2015-08-K-ai-Asahi029.jpg

吉田類氏がこよなく愛する郷里の酒「酔鯨」。
なるほど、深い味わいと香りは、正しく特別な純米酒。

翌朝は、早く起床してハードな登山が待っている。
今宵は一杯だけにしておこう・・・。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。