スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-aiで北海道最高峰4

昨夜は早く寝てしまったので、薄暗い時間に目覚めてしまった。
気温は低かったが湿度が高く、網戸にすると寒く、閉じると暑かったので少し寝苦しかった。

早朝は混雑すると聞いていたので、早めに準備を整えて公共駐車場に移動。

img2015-08-K-ai-Asahi030.jpg

思ったよりも車は少なく、それでもロープウェイの始発6時半近くになると駅に向かう人たちが増えてくる。

入口で待つ人たちは様々で、10人ほどの本州からのツアー客もいる。

img2015-08-K-ai-Asahi031.jpg

やがて入口が開き、入口右の階段から乗り場へと進む。

2階にチケット売り場があり、ここでモンベルの会員証を提示すると一人300円の割引が受けられる。
これは友人に教えていただいたことだが・・。

img2015-08-K-ai-Asahi032.jpg

ゴンドラは101人乗りなので、並んでいる人全員が搭乗できるだろう。

改札が始まり、運良く正面に場所を確保できた。
時間になると、動いているのが感じられないほどゆっくりと動き出した。

img2015-08-K-ai-Asahi033.jpg

雪のある時期にしか乗ったことがないので新鮮でもある。

しばらくするともう一台のゴンドラとすれ違い、迫力があって面白いが、進行方向の雲が多くなってきているのが気になった。

img2015-08-K-ai-Asahi034.jpg

その心配は的中し、進むほどに前が見えなくなっていった。

動きが遅くなってきて、進行方向の雲の中に山頂駅がおぼろげに現れる。

img2015-08-K-ai-Asahi035.jpg

10分ほどで、600mほどの標高を一気に昇ってきたのである。

実に低速で停まり、山頂駅の広い空間に出る。

img2015-08-K-ai-Asahi036.jpg

ここで入林届に記入。

ここから右に進むと売店と休憩スペースがある。

img2015-08-K-ai-Asahi037.jpg

売店の奥はトイレがある。

このトイレはバイオトイレなので、初めて使う人は驚くかもしれない。
水の色が、まるで流していないのではと思うような色をしているからである。

トイレを済ませて、いざ出発!

img2015-08-K-ai-Asahi038.jpg

池を周回するコースではなく、石室に一番近いコースを行く。

ここから木道が続き、やがてロープウェイを使わない登山道との合流点があった。

img2015-08-K-ai-Asahi039.jpg

今回は荷物を持ちすぎたか?
リュックがやけに重かった。

調整しながら登るが、どうもしっくりこないのが気になる。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。