スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星に手のとどく丘キャンプ場-3


キャンプ場に戻り、いつものキャンプであれば自分で準備をして・・・となるが、今回は違う。

img2015-08-K-ai-Hoshino040.jpg

キャンプ場の管理棟と兼用の建物が、ジンギスカンを食べる開放的なデッキとなっている。

ここは「ひつじの丘」というジンギスカンの専門店。
この時間は、予約をしていたキャンプ場利用者の夕食会場となる。

img2015-08-K-ai-Hoshino041.jpg

窓ガラスもない屋根だけの開放的な席である。

ジンギスカンとビールを注文。

img2015-08-K-ai-Hoshino042.jpg

生ビールはサッポロクラシック。
よく冷えていて、湯上りには最高だ。

テーブルに空いた焦げた丸い穴が気になるが、その疑問はすぐに解けた。
真っ赤に燃えた炭の入った丸い七輪が運ばれてきて、その穴にピッタリ納まる。

すぐにジンギスカンが運ばれてきた。

img2015-08-K-ai-Hoshino043.jpg

ここのジンギスカンは3種類ある。

高価格順に・・。
1、プレミアム
2、ひつじの丘
3、白ひつじ
それぞれに玉ねぎが添えられている。
食べ比べてみて、美味しかったものを追加注文しようと考えていた。

もちろん野菜も注文している。

img2015-08-K-ai-Hoshino044.jpg

二人で食べるには丁度好い分量だった。

ここのジンギスカン鍋は初めて見るタイプ。

img2015-08-K-ai-Hoshino045.jpg

形は珍しくないが、溝に穴があいている。
肉をのせるときに、いつもと違い違和感があった。
もちろん、このくらいの隙間では落ちることもないが・・・。

さっそく肉の味の違いを楽しみつつ、これまでのジンギスカンとの違いを食べ比べてみる。

img2015-08-K-ai-Hoshino046.jpg

3種の肉は若干の違いこそあれど大きな違いは感じられず、むしろこれまで食べていたジンギスカンとの違いが鮮明だった。
あの独特のジンギスカンの風味がない。
逆に言えば、個性が削がれてしまったジンギスカンといえばいいのか。
美味しくない訳ではなく、あくまでも私には物足りないものだっただけのこと。

では、いつも食べているジンギスカンのタレに漬け込むとどうだろう?
やはり合わないのかもしれない。
この肉には、このタレが一番なのだろう。

img2015-08-K-ai-Hoshino047.jpg

思ったよりも肉の量は十分あり、追加注文はできなかったほどだった。

ここは、ミシュランガイドにも掲載されている。
その評判を聞きつけてやってくる観光客は多いと聞く。
しかし、北海道のジンギスカン臭いジンギスカンを食べ慣れている人たちはどう感じるのだろう?
少しだけ気になってしまった・・・。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。