スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-aiで道の駅あいおい

以前のキャンピングカーはグランドハイエースがベース車両だったために、冬場の車中泊はかなり厳しかった。
窓際からの冷気の侵入が酷く、といってもほとんどが窓際のようなもので、家具に守られていない後部側は特に寒かった。
K-aiに乗り換えてからは冬場でもさほど寒さが気にならず、気軽に車中泊ができるのが楽しい。

ということで、今回は道東地方への旅に出かけてみた。
道東地方の天気は晴れが多く、私の住む道北地方とは別な国のようだった。

出発してからしばらくの間は吹雪模様の天気で、特に大型車の後ろでは常時吹雪が味わえる。
層雲峡が近付いた頃、前を行くバスが停車し、除雪のための待ち時間だと思っていたのだが、しばらくすると警備員がやってきてこの先で大型車が路肩に突っ込んでしばらくかかるとのこと。

・・・10分くらい待ってから動き出し、その先に事故車らしきコンテナ車があった。

img2016-2-K-ai-Tabi01.jpg

運転席部分の前だけが路肩に突っ込んでいて、簡単に抜け出せそうだったがそうはいかなかったのだろう。

層雲峡を抜けて石北峠が近付くと、天気は一変して青空になった。

img2016-2-K-ai-Tabi02.jpg

そして、この青空は一日曇ることはなかった。


北見市内に立ち寄ってから、津別町方面へ向かう時には夕方となっていた。

img2016-2-K-ai-Tabi03.jpg

雲が赤く色づき、次第に暗くなっていく様を眺めながらのドライブは寂しくもあり美しくもある。

道は所々氷が残っているところもあったが、概ねアスファルトが現れているので走りやすい。
交通量は少なく、たまにしか対向車はなかった。

予定していた津別町内のコンビニで食料を調達し、ここから目的地は近かった。

img2016-2-K-ai-Tabi04.jpg

道の駅あいおいを利用するのは、もう3度目くらいだろう。
特に何もないのだが、阿寒湖が近いので利用価値は高かった。

駐車場は静かで、トイレ休憩に駐車する車がたまーにある程度だ。

img2016-2-K-ai-Tabi05.jpg

駐車場から施設までは近いが、路面がつるつるに凍っていて暗いので注意が必要。

夕食はコンビニ弁当にした。

img2016-2-K-ai-Tabi06.jpg

のり弁当と野菜サラダとソーセージとポテト、そして漬物とシンプルに。

地デジは全く入らなかったので、こんな時のために準備してきたタブレット。
これがあると、スマホのテザリングで自宅のBDレコーダーに録画してあるビデオを観ることができる。
まだ観ていない番組がたくさんあるので、退屈することはない。
便利なものができたものだと、感心する。
もちろん、インターネットやゲームなども大画面で楽しむことができる。

アルコールとおつまみで、結局20時頃には寝てしまうことになる。



翌朝、フロントウインドウの断熱シートを外してビックリ!

img2016-2-K-ai-Tabi010.jpg

5ミリもありそうな氷が、フロントウインドウ内部を覆っていた。
原因ははっきりしており、フロントウインドウの断熱マットをきちんと張っていなかったからだった。

この朝の気温はマイナス15℃程度だが、マットと窓の隙間があるとこんな状態になってしまうのである。

img2016-2-K-ai-Tabi011.jpg

アップで見ると・・。

この後、エンジンを始動して10分ほどすると、この氷はきれいに消えていた。
そういえば、きちんとサイズがあっていたマットが、最近小さくなっているような・・・。
劣化したのか、縮んでしまったのか定かではないが、作り直さねばならないかもしれない。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なかなか行けませんヽ(;▽;)ノ

若い頃に札幌に数ヶ月(冬)住んだことがありますが、ある日「今日暖かいじゃん!」と思ったらマイナス2℃ってことが
ありました(笑)。北海道の寒さは内地に居ると別世界ですね。

私と言えばオーニングテントなるものを製作して軽キャンの旅に備えておりますが
せっかく取り付けたのに奥さんの仕事の都合で全く行けてませんヽ(;▽;)ノ。
http://gioca.sakura.ne.jp/catherine/favorite/k-ai7.htm

ところで、最近ウチの奥さんが1眼レフに目覚めてカメラ教室なるものに通い始めておりますけども(汗)、
きみとしさんの写真は何をお使いでしょう? (ウチはニコンのD3300ですw)

いつも綺麗な北海道の景色は懐かしくもあり、思い出してつらくもあり(笑)・・。 ←北海道に居た頃はつらい仕事だったのですw

きゃさりんさんへ

きゃさりんさん、こんばんは。
オーニングテントですか。
私は、これまでのキャンピングカーでは全ての車にサイドオーニングを付けていました。
費用対効果は高いものになりますが、それなりに役立ってはいましたね。
しかし、絶対に必要かと言えばなくてもいいものだったので、K-aiは装備しませんでした。

私のカメラですが、通常はコンデジ(TZ-60)とスマホのカメラがメインです。
ここ一番のときは、オリンパスのOM-D E-M5を使用しております。
どこにでも持ち歩けるカメラと言うことで、一目ぼれして購入したものです。
どんなカメラを持っていても、センスと技術がなければいい写真は撮れませんので、私なんぞは枚数撮って勝負です(笑)。
最近はE-M5もほとんど使っていませんが・・・。
プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。