スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-aiで そば切りなかむら

道の駅サーモンパーク千歳は、幹線道路から少しばかり離れているので静かだった。
妻の話では、隣で車中泊していた車の中から飼い犬が遠吠えを始めてしまい移動していったパプニングくらいで、至って静かな夜だった。

トイレに起きたところ、すでに空が明るくなっていた。
しかも、車中泊の車が増えている。

img2016-5-K-ai-Titose020.jpg

時計を見ると3時58分、夜明けは確実に速まっている。

img2016-5-K-ai-Titose021.jpg

しかし、まだ早いので布団にもぐりこんだ。

その後目覚めて、スマホやタブレットを弄っているうちに妻も起きる。
朝食を目の前のコンビニにと思ったが、ここは意外に品ぞろえが悪かったのですぐ近くの別店舗に行くことに。

食後は歯を磨きたいところだが、なにせこの道の駅の洗面台は2台しかない。
場所移動を決意して、隣町の「道の駅 花ロードえにわ 」に到着。

img2016-5-K-ai-Titose022.jpg

もちろんトイレ以外は開館していなかったので、歯磨きだけの利用となる。

その後、北広島市内のホームセンターを巡り、中にあったカレーワールドというファーストフードでミニソフトクリームを食べる。

img2016-5-K-ai-Titose030.jpg

このソフトクリームは、あの倉島牛乳を使っているという。

img2016-5-K-ai-Titose031.jpg

カレーワールドの金沢かれいぱん。
スティック状なので食べやすく、辛すぎなくていいかもしれない。

大型連休中なので、昼食は早めにしなければ混雑するだろうと、開店11時30分の数分前に到着。

img2016-5-K-ai-Titose023.jpg

意外にも、一着で待つことになる。
ここは、あのミシュランガイドビブグルマンの店「そば切りなかむら」。

時間になると店主が暖簾を準備し始める。
店主に挨拶をして、のんびりしている間に2番目の客に先を越されてしまった。
しかし、思っていた混雑はなく、時間が止まったかのように店内は静かだった。

img2016-5-K-ai-Titose024.jpg

カウンターに座る。
まるでシティホテルのバーのカウンターのような雰囲気。
メニューは至ってシンプルで品数も写真に写っているだけ。

img2016-5-K-ai-Titose025.jpg

窓の縁にある青い瓶は日本酒の容器。
待っている間に、大好きな鴨肉を炒める音が聞こえてくる。

妻の大好物「鴨せいろ」。

img2016-5-K-ai-Titose026.jpg

そばはコシが適度に強く、さほどつるっとしていないので、汁がしっかり流れ落ちない。
鴨肉らしく歯ごたえは固めだが、噛むと味が染み出してくる。

私も鴨肉を、別な食べ方で試してみた。

img2016-5-K-ai-Titose027.jpg

「鴨とじ」は、卵に隠れて見えない鴨肉を探し出して味わう。
卵のおかげで、やや癖のある鴨肉をマイルドに味わうことができる。
ただ、温かいそばなので速やかに食べなければ麺が柔らかくなってしまう。

正午になっても待ち人が出るほど混むことはなく、この店には大型連休は関係ないようだ。
機会があれば、次は普通のせいろをいただこう。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。