スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-aiで牡蠣づくし2

雨はやむことなく降り続いたが、雨脚は強くはならなかったのが幸い。

img2016-6-K-ai-Akkesi011.jpg

吹雪対策のシェルター。
ここを走っていると、異空間とも言える不思議な感覚だった。

太平洋が見える厚岸湾までは酪農地帯で、どこまでも丘陵地帯の牧場が続いていた。

海は突然に現れ、右手に湾を見ながら進むと厚岸湾と厚岸湖の分かれ目に今回の目的地があった。

img2016-6-K-ai-Akkesi012.jpg

厚岸漁業協同組合直売所である。
いろいろ調べた結果、お得な価格でたくさん食べるにはここがいいらしい。
駐車場には、すでに10台くらい停まっていた。

さっそく中に入ってみる。

img2016-6-K-ai-Akkesi013.jpg

思っていたよりも広く、中には海産物や加工品などが盛りだくさん並んでいる。
左端が活魚類。
中央部が冷凍や冷蔵の海産物。
青いコンテナに並んでいるのは、今が旬のサクラマスだった。
サクラマスは訳あり品として、一本800円程度で販売されていた。
訳あり品とは言え、市価の半額程度だった。

私たちの目的はこちら。

img2016-6-K-ai-Akkesi014.jpg

これが全部活牡蠣。
サイズや種類ごとに分かれている。

店員さんにこちらの要望を伝えると、全てお任せで用意してくれる。
生で食べるのは小ぶりの方がよく、蒸し牡蠣は大きい方がいいらしい。

img2016-6-K-ai-Akkesi015.jpg

厚岸産のマルえもんは、特に味が良くて人気がある。
これは、道の駅コンキリエで食べると1個300円となるから、ここで食べたほうが絶対お得!

店員さんに、とりあえず生を14個と蒸し用のを16個と言うと、そんなに食べ切れませんよと言われた。
そうかなあ?と思いつつも、食事前なので大丈夫でしょうと返す。

img2016-6-K-ai-Akkesi016.jpg

で、受け取ったのがこちら・・・・・。
うーん、確かに多いかもしれない。

まずは生牡蠣からいってみる。

img2016-6-K-ai-Akkesi016a.jpg

殻の割に粒が大きい!
もちろん美味い!
周りの人を見ても、こんなにたくさん食べている人はいないみたい・・・。
いや、腹一杯食べると決めてはるばるやってきたんだ!
人目なんか気にしてられんぞ。

安い代わりに、全部自分でやらなくてはならない。

img2016-6-K-ai-Akkesi017.jpg

電子レンジは蒸し牡蠣用で、かごに入っているのは牡蠣ナイフと割箸。
他には手拭きタオルとサランラップもある。

次に袋に入ったLLの牡蠣を蒸す。

img2016-6-K-ai-Akkesi018.jpg

生もいいけれど、蒸し牡蠣も味が濃くて美味しい!
まだ食べられそうだったが、牡蠣ばかりで少々飽きてきたのでおかわりはしなかった。
いや、これだけ食べたら充分でしょう。
サトウのごはんも置いてあったが、白ご飯に生や蒸し牡蠣だけでは・・・。

直売所では、他にも色々買物をしてしまった。
もちろん、クーラーボックスに氷を入れて用意してきている。


この直売所は、新鮮な牡蠣を腹一杯食べたい方にお勧めする。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。