スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-aiで道の駅うらほろ&インデアンカレー

浦幌町に入ると、丁度好い休憩に道の駅に立ち寄ることにする。

img2016-6-K-ai-Akkesi037.jpg

国道側から見るとこんな感じだが、ここはレストラン側の駐車場らしい。

車を移動させ、小高い道の駅前の駐車場に移す。

img2016-6-K-ai-Akkesi038.jpg

開店時間にはまだ早かったのか、入口から行列ができていた。
写真は開店後のもの。

開店時間までは数分あったので、すぐ前にあった石段を登ってみた。

img2016-6-K-ai-Akkesi041.jpg

上から見た道の駅全景。

さらに、ここにある建物が何であるか確認を・・。

img2016-6-K-ai-Akkesi042.jpg

浦幌町農村環境改善センターと書いてある。
しかし、使われていないのか?

更に進むと、下から声が聞こえてきた。

img2016-6-K-ai-Akkesi043.jpg

なんと、球場がある。
だが、声は球場からではなく、その奥のキャンプ場からだった。

石段を下りて、開店した道の駅の建物に入った。

img2016-6-K-ai-Akkesi039.jpg

焼き立てパンが人気らしかったが、もう一つの人気の大福を買う。
白餅と草餅の2種類だ。

取れたて野菜も販売していて、店内の一番奥にいろいろ並んでいる。

img2016-6-K-ai-Akkesi040.jpg

大好きな野菜、アイスプラントがあったので迷わず購入。

車に戻ると、陽が射しこんだ車内は温かくなっていた。
買ってきた大福を食べ小腹を満たしてから、帯広に向ってK-aiを走らせた。


帯広市内でいくつかの店で買物をして、音更町で昼食をと考える。
日曜日なのでどこも混雑すると考え、早めのランチタイムとなる。

img2016-6-K-ai-Akkesi044.jpg

十勝と言えばインデアンカレー。

11時半過ぎだったので、まだ混雑していなかった。

img2016-6-K-ai-Akkesi045.jpg

これが、10分後には満席になり、更に店を出る頃には店の外にも待っている人がいた。

インデアンカレーはトッピングや選び方など色々注文方法があるようだが、面倒なので辛さも普通で注文。

img2016-6-K-ai-Akkesi046.jpg

エビカレー。
エビは、食べているうちに飽きてきた。
シーフードカレーにすればよかったと後悔する。

もう一品は妻の毎回注文する野菜カレー。

img2016-6-K-ai-Akkesi047.jpg

具が野菜なだけに、ややマイルドな味になっている。
家庭的な味が受けるのだろう、鍋を持参の客もいる。

そして価格の安さが一番の魅力。
二つで千円ほどで済んだ。


さて、今回の牡蠣を腹一杯食べるのが目的だった旅。
概ね満足で、もちろん食べ飽きることなく、今でもすぐに同じ量を食べてみたい・・・。
厚岸の濃厚な牡蠣には、それだけの魅力があるのだ。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。