スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★サイドウインドウについて

軽トラックベースのキャンピングカーなので、どうしてもキャビンは高くなってしまうのは否めない。
よって私たちは、キャビンへの移動は運転席側からしている。
これまで、キャビン側の入口から出入りすることはほとんどなかった。
入るに易く出るに険し、といったところだろうか・・。
オプションのサイドステップを使うか、踏み台などを用意すればいいのかもしれないが、それはなかなか・・・・・。

出入口は、運転席側で何の問題もなく利用できているので、これでいいのである。


以前からここは改善してほしいと思いつつも、書くことを忘れていた部分がある。
運転席側のキャビンの窓の位置である。

img2016-6-K-ai-MadoKou.jpg

下に写っているグレーの部分が座面である。
ベッド部でもあり、この写真はベッドに展開している。

ここに寝ると、窓の高さに身体の一部が見えてしまうのである。
もちろんスモークフィルムを貼ってあるので簡単には見えないが。

改善してほしい点というのは、この窓の位置を5cmでも10cmでもいいから上げてほしいのである。
それだけで随分印象は変わってくると思うのだが、いかがだろうか?





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

同じく!

きみとしさま。
minipopbeeのkeiです。

キャビンの出入りについては軽トラの荷台ですからやっぱりかなり高いですよね。minipopの場合は、リアエントランスなので、ステップ装着がしやすいので、OPのステップ装着で楽ちんです。

キャビンの窓については同じ悩みですね~ しかもminipopの場合、中央通路、両サイドベンチシートなので、窓(網戸)に寄りかかる形になってしまうんです。正直、窓はもう少し小さく上方だけで良いかな?って思っています。

keiさんへ

keiさん、こんにちは。
窓については、みなさん色々希望がありますよね。
でも、もう購入した後なので、次に人のためにと書いた次第です。
この高さがいいという方もいらっしゃるかもしれませんし、ビルダーさんも色々考えて作っておられると思います。

私は、この大きさでもう少し上がいいと考えております。
プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。