スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ★給油口

K-aiに限らず、多くのキャブコンのキャンピングカーは給油が面倒である。
通常は、運転席に座った位置で給油口の蓋を開けることができる。

というのも、給油するためにはまず給油口がある蓋を開けるための鍵が必要だ。

img2014-4-1018.jpg

ドアのすぐ後方にある四角くて小さい蓋がそれだ。
大きい方は、メインバッテリーなどのメンテナンスドアと思われる。

給油の蓋についている鍵を開ける・・・解錠してから回して蓋を取り、ようやく給油ができる。
軽トラの給油口は、もともとむき出しなので蓋に鍵がついているのである。
フルサービスのスタンドであれば、係の方に鍵を渡すだけであるが・・。


さて、その給油したガソリンがどれだけ消費されるのか?
燃費が気になるところである。

色々調べてみると、軽トラックベースのキャブコンでオートマチックとなるとかなり厳しいようだ。
燃費は、おおよそ1リットル当たり10km~12kmといったところ。
市内だと10kmを切ることもあるようだ。

これにFFヒーターを使うと、更に燃費が格段に落ち込むような気がするが、実はそうでもないようだ。
SCENEでは、冬場などは常に温風を吹き出すこと全開に近い。
これが断熱効果の高いK-aiだとどうだろう?
たぶん半分も燃料を消費しないのではないかと予想する。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。