スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★車中食タケルくん

車内や船内で、DC電源を使ってご飯が炊ける。
そんな炊飯器があったらいいなあと思っていた。

昨年の冬、FFヒーターの修理をしてもらったキャンピングカーショップに、気になる炊飯器が置いてあった。

実は少しだけこの商品のことを知っていて、昨年11月の北海道新聞朝刊で紹介されていた商品だった。
車中食「タケルくん」といって、新聞を見てからずっと気になっていたのである。
タイトルどおり、12Vの車内でご飯が炊ける炊飯器なのである。

これまではキャンピングカーのインバーター100Vコンセントを使って、家庭用の炊飯器で炊いていた。
しかし、このタケルくんはシガーソケットからの12V電源さえあれば、どこでもいつでもご飯が炊ける。
特殊な電源のついたキャンピングカーだけでなく、普通の車で、もちろん軽自動車でもOKだから軽キャンピングカーでも同様。

img2014-5-1011.jpg

本体の他には電源コード、計量カップ、へら、予備のヒューズが付いている。

大きさは高さ155mm、幅160mm、重量は575gと非常にコンパクト。
最大1.5合炊きで、12V車で25分+蒸らし10分で炊き立てご飯が食べられる。
24V用もあるようで、こちらは若干早く炊けるとのこと。

電源をつなぐと左の青い保温ランプが点灯し、炊飯ボタンを押すと右の赤い炊飯ランプが点灯して炊飯を開始する。
焚き上がると自動的に保温に変わり、10分ほどの蒸らしが済んでから電源を抜き取る。
電源を切ってからでも、1時間位は焚きたて状態の美味しいご飯が食べられるそうである。

少ない電力で美味しく炊くために特殊な構造になっているため内釜は外れないが、電源差し込み口には防水キャップがついているので雑に扱わなければ特に問題はないだろう。
基本的にはエンジンをかけた状態で使用してくださいとあったが、エンジン停止状態で使っても問題はなかった。
大人数や大食漢には不向きだが、私たちには願ってもない炊飯器である。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。