スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★陸送旅行 天望デッキ

スカイツリー天望デッキに、こんなに簡単に搭乗することができたことが不思議だった。
ブームは落ち着いたのだろうか。

場所によって薄雲がかかっていたが、概ね見渡せる程度の景色だった。

img2014-9-k-ai-tabi44.jpg

最初のうちは、ガラスに近づくとその高さから来る恐怖心が足をすくませる。

結局はあまりの高さにすぐに慣れてしまい、恐怖心などどこかに飛んで行ってしまう。
混雑している時は空いている窓際を探すにも苦労するらしいが、この日はどこでもどの場所でもいくらでも窓際から外を見ることができた。

一周してから、次は一つ下の階にエスカレーターで降りる。

img2014-9-k-ai-tabi45.jpg

スカイツリーショップがあったので、ちょっと覗いてみる。

簡単に言うと売店だ。

img2014-9-k-ai-tabi46.jpg

江戸切子のグラスやキャラクターのそらちゃんなどいろいろあるようだ。

このような空の上で一日中働いていると気が変にはならないのだろうか?
やはり慣れなのだろう。

マスコットのそらちゃん。

img2014-9-k-ai-tabi47.jpg

階をひとつ下りると、その分客もぐっと少なくなる。

さらに、もう一つ下のフロア340に降りてみる。

img2014-9-k-ai-tabi48.jpg

天望デッキは、これより下はない。

ここにはガラス越しに地上が見える場所があり、写真を撮ったがいまひとつ高さが伝わらない。

img2014-9-k-ai-tabi49.jpg

ここは、柵から覗き見て地上までの高さを感じる程度だった。

ただし、人が少ないので静かに夜景を楽しむにはもってこいの場所だろう。

img2014-9-k-ai-tabi50.jpg

img2014-9-k-ai-tabi53.jpg

こんな静かな写真が撮れるのも、天気が今一つだった恩恵か?

確か、人が乗ることができるガラス張りの床があったと探すと、すぐにみつかった。

img2014-9-k-ai-tabi51.jpg

混雑していないのですぐに乗ることができ、こちらは高さを実感することができた。
大丈夫とわかっていても、やはり不気味である。
一応、これが壊れてももう一枚下にガラスがあるようだ。

ここから、階段で二つ上迄上らねばその上には行けない。

img2014-9-k-ai-tabi52.jpg

上りのエスカレーターはないのである。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみとし

Author:きみとし
ダウンサイジングして行きついた、軽キャンピングカー購入記です。

軽キャンピングカー「K-ai(AZ-NAX社製)」購入記及び納車・使用感のレポートです。

k-aiに限らず、軽キャンパーに興味をお持ちの方もどうぞ!


※掲載写真は拡大できる写真があります。
拡大できる写真は、そのままでは画像が粗くなっているので、写真上をクリックして拡大後ご覧いただくと見やすくなります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。